南区版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

6月に南区薬剤師会の会長に就任した 眞弓 純さん 宮元町勤務 52歳

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena

「生涯かかりつけ」の存在に

 ○…約60の薬局が加入する組織のリーダーとして舵を取る。5月まで副会長を8年間務め、薬物の危険性を訴えるチラシを弘明寺商店街で配布するなどの地域活動を縁の下から支えてきた。今は通常業務と新型コロナウイルスワクチン接種を両立する日々で忙しさが増すが「気軽に相談できる『まちの薬剤師』の役割を忘れず、皆さんの不安を少しでも解消できれば」と誠実に語る。

 ○…実家は宮元町の「信堂薬局」。薬剤師の両親の影響もあって薬学部に進学したが「実家を継ぐ気はあまりなかった」と卒業後は函館と東京で10年間、製薬会社の営業マンとして病院などを駆け回った。「医療業界全体を見たことや相手のニーズに応えようとする意識は今に活きている」ときっぱり。信堂薬局近くに「まゆみ薬局」を開業した両親の助けになろうと、30代半ばで薬剤師の道に進んだ。

 ○…市内で高齢化率の高い南区。自身も在宅サービスに取り組む中、「認知症を初期からサポートできるよう、介護施設などとの連携が大切」と唱える。医師、看護師らと大規模災害時に備えた合同での医療救護訓練なども行う。「薬の管理など、災害時における薬剤師の責任は大きい。そういった重要な役割を若い薬剤師に理解してもらえるように教え伝えていきたい」と後進の育成にも余念がない。

 ○…趣味はワインでワインセラーを持つほど。「同じブドウでも作る人によって味が違うのが面白い。外でお酒が飲めないのは残念だけど、家でのんびり晩酌するのも悪くない」と笑い、束の間の休息を楽しむ。コロナワクチンの接種が進み、常備薬の服用などに関する相談も増えている。地元から必要とされる「生涯のかかりつけ薬局」の責務を全うする。

福祉クラブ らら・むーぶ南

高齢者や障害があり、外出が困難な方へ、車で介助付きの外出支援をしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

南区版の人物風土記最新6

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

廣山 典子さん

南防犯協会の事務局長で、特殊詐欺などの犯罪防止に努める

廣山 典子さん

大岡勤務 54歳

9月2日号

中島 一雄さん

平戸桜木道路の花壇を整備し、5年前から一人で周辺のごみ拾いを続ける

中島 一雄さん

六ツ川在住 78歳

8月26日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月19日号

平工 希一さん

吉野町の活字鋳造所「築地活字」の社長で技術継承に向けた活動に取り組む

平工 希一さん

庚台在住 62歳

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 小児医療費助成の淵源

    取り組み開始から約30年 ニッタオンライン市政報告58

    小児医療費助成の淵源

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    9月16日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日17:57更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月15日7:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活動のチラシ作り方を学ぶ

活動のチラシ作り方を学ぶ

ラウンジが講座

10月5日~10月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook