南区版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

歌手デビュー50周年を迎える アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)  65歳

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena

「胸キュンして欲しい」

 ○…「50年、信じられないですね」と、何度も口にする。長年続けてこられた喜びと驚き。デビュー当時のレコードを初CD化し、毎月リリースする企画も始まった。収録されたライブ音源を聞き「今も日本語なまっているけれど、昔よりは上達してる」と照れ笑い。「歌声から緊張や不安が伝わってくる。一生懸命で自分で愛おしくなるほど。聴いてぜひ”胸キュン”して欲しい」

 ○…6人兄弟の4番目。人見知りで自分に自信がない女の子だった。中学でボランティアを始め、子どもたちの募金を集めるために歌っていたところ香港でスカウト。翌年日本デビュー。芸能界に全く興味はなく父も大反対だったが、決断したのは歌うのが好きだったから。「よく歌手になれたと思うけれど、おかげで素晴らしい出会いが沢山あった」と感謝。

 ○…実は横浜とも縁が深い。ハマッ子の夫と結婚後、泉区(当時戸塚区)に家を建て、大切な子育て期を過ごした。「虫取りしたり自然が豊かで。よく子どもとバスに乗って湘南台の公園や児童館に遊びに行った。帰りにお団子食べて楽しかったな」と思い出話に花が咲く。料理が好きで中華街に買い出しに行くことも。「横浜大好きですね」と懐かしむ。3人の息子は独立し、今は広尾で夫婦2人暮らし。毎日欠かさず書いているブログを通じて、生き生きとした日常を発信する。

 ○…絵を描くのが好きで、最近は作・絵を手がけた絵本作りに初めて挑戦。デビュー曲の『ひなげしの花』を描くことも多いという。周年記念コンサートはコロナの影響で来年に延期になったが「自分のお祝いはどうでもよくなった。今、みんなが元気で生きていることを喜び合いたい」。アイドル時代と変わらぬ可愛らしさが溢れ出した。

南区版の人物風土記最新6

平田 由衣花さん

3児の母で、幼児の人間形成を目的とする「くるみキッズ空手教室」を主宰する

平田 由衣花さん

中里在住 31歳

10月21日号

田中 拓海さん

小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身の初のVリーガー

田中 拓海さん

六ツ川在住 24歳

10月14日号

竹花 康太郎さん

10月9日から福島県で行われる「第55回全日本サーフィン選手権大会」に出場する

竹花 康太郎さん

永田東在住 35歳

10月7日号

北村 正(まさし)さん

9月16日付で南警察署の第81代署長に就任した

北村 正(まさし)さん

大岡在住 59歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月22日17:24更新

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook