南区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

中村地区 コロナ意識し訓練 3防災拠点が連携

コミュニティ社会

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena
平楽中拠点で訓練を行う参加者
平楽中拠点で訓練を行う参加者

 中村地区の平楽中、石川小、中村小の3カ所の地域防災拠点訓練が9月12日、同時に行われ、新型コロナウイルスを意識した内容を模索した。

 地域防災拠点は、震災による家屋倒壊などで、自宅での生活が困難な時に避難生活をする場所。南区内は小中学校25カ所が地域ごとに指定されている。各拠点では年1回、地域住民による運営委員会が中心に訓練を行う。しかし、コロナ禍で訓練を取りやめたり、防災倉庫の点検など、規模や参加者を大幅に縮小して行うケースが目立つ。

 中村地区の3拠点は、連携強化を目的に2014年から同時に訓練を実施している。19年までは住民に呼び掛け、避難者の受け入れや仮設トイレの設置訓練などを行っていた。昨年は感染予防のため、参加者を拠点の開設・運営に携わる運営委員会のメンバーらに限って開催。今年の参加者も同様にした。

発熱者を別室に

 平楽中地域防災拠点(羽柴悌二運営委員長)は、発熱の症状があり、コロナ感染が疑われる人が避難してきたことを想定した訓練を実施。受付で2人から発熱があると聞き、その2人を避難者が入る体育館とは別の外と直接出入りができる部屋に誘導した。同拠点運営委員会は、昨年からコロナ対策を含めた拠点運営法を検討しており、感染の疑いがある人の対応も課題としていた。

 石川小同拠点(小石原強運営委員長)は、ペットの避難を想定した訓練を実施、中村小同拠点(菅原初夫運営委員長)は倉庫の点検を行った。また、防災無線を使った各拠点間や区役所との通信訓練を行った。

 中村地区連合町内会の吉井肇会長は「コロナ禍を訓練のあり方を見直す機会ととらえ、3拠点で連携しながら、拠点運営を考えたい」としている。各拠点は学校とも協議しながら、コロナを想定した拠点運営法を探っていく意向だ。

南区版のローカルニュース最新6

自転車盗防止 二重施錠を

防犯協会など

自転車盗防止 二重施錠を 社会

商店街で注意呼び掛け

12月2日号

洋菓子作り講座

洋菓子作り講座 文化

中村で18日

12月2日号

「IRの経緯検証を」

「IRの経緯検証を」 社会

市民団体が市長に要望

12月2日号

弘明寺にハートイルミ

弘明寺にハートイルミ 社会

商店街が設置

12月2日号

「ドラゲー」保土ケ谷に

プロレス

「ドラゲー」保土ケ谷に スポーツ

16日、横浜出身選手が凱旋

12月2日号

ライトアップ機材寄付

ライトアップ機材寄付 社会

井土ケ谷下町平岡電機工事桜まつり用に5機

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋菓子作り講座

洋菓子作り講座

中村で18日

12月18日~12月18日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook