南区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

ワクチン接種 65歳以上の約9割完了 会場縮小へ、3回目計画も

社会

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、65歳以上の横浜市民のうち、約86%が2回接種を終えたことが分かった。各世代の接種が進んだことにより、現在は18区に1カ所ずつ設けられている集団接種会場を順次閉じていく計画も示された。南公会堂は12月上旬が最終日となる。しかし、年明け以降に3回目の接種が始まることが予想されるため、会場の施設からは「いつになったら利用を再開できるのか」という声も聞かれる。

 13日の定例会見で、山中竹春市長が10月12日時点で2回接種を終えた65歳以上の市民の割合が85・8%だと説明した。一方、12歳〜64歳の2回接種状況は9月15日時点が38・1%で10月12日時点で62・8%と、この1カ月で伸びを見せている。高齢者を含む接種可能な12歳以上の市民の接種率は12日時点で69・3%となった。

 集団接種に加え、ハンマーヘッドを使った大規模接種ほか、10月から6週間、金、土曜日に市大センター病院で深夜・早朝接種を行っている。センター病院の接種は、予約枠の9割以上が埋まっているが、16歳〜39歳が対象の関内駅そばの若者向けセンターは予約が2割にとどまる。会見で山中市長は「接種するか迷っている人へ周知が必要」と対策を語った。

南公会堂12月まで

 接種が進んだため、市は11月以降に2回接種できるの集団接種会場を現在の18カ所から南公会堂など5カ所に縮小する。各会場の最終日(南公会堂は12月8日)には、2回目の接種を終えていない人のみの接種枠を設ける。個別接種会場も約450カ所に縮小する。

 その中、政府が3回目のワクチン接種を国費で行う方針を示した。2回目の接種から8カ月を空けて3回目を接種することになる。13日の会見で山中市長は「会場の確保など、接種計画の策定を進めている」と語った。

年明け施設予約も

 5月から接種会場になっていた南スポーツセンターは9月末で終了し、10月から一般利用が再開した。南公会堂は12月末まで会場として市が確保しているが、来年1月以降は一般利用予約を受け付けている。

 南公会堂は「すでに年明け以降の予約が入っており、接種会場として使用するなら早く決めてほしい」としていた。

南区版のトップニュース最新6

全国2例目「こどもホスピス」

全国2例目「こどもホスピス」 社会

関係者悲願、金沢区に開所

11月25日号

生徒7人 作品展で入賞

蒔田町紅花書道塾

生徒7人 作品展で入賞 文化

県コンクール、最高位も

11月25日号

清掃で「つながり」実感

清掃で「つながり」実感 社会

区企画に町内会・学校参加

11月18日号

依存症対策の計画策定

依存症対策の計画策定 社会

市、早期支援へ連携強化

11月18日号

名のない道 愛称決まる

南永田山王台地区

名のない道 愛称決まる 文化

27カ所、住民の声反映

11月11日号

町移住計画で1位に

六ツ川在住高2沖さん

町移住計画で1位に 教育

鹿児島のコンテスト参加

11月11日号

市民利用施設職員・スタッフ募集

みなみ区民利用施設協会運営の地区センターやコミュニティハウスで働きましょう

http://minami-rsk.sakura.ne.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook