南区版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

六ツ川のレンタルスペース「ROOM」で多世代交流が目的の企画を主宰する 大野 星来さん 六ツ川在住 29歳

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena

傾聴で得るアイデア形に

 ○…家族経営のレンタルスペースを活用し、子どもから高齢者まで楽しめる企画を生み出す。10月30日には、食や運動を盛り込んだハロウィーンイベントを成功させた。「感染症対策を徹底するにせよ、開催するべきか直前まで迷ったけど、子どもの喜ぶ顔を見て『やって良かった』と思えた」と1歳児を育てる母親目線で語る。

 ○…六ツ川出身。高校卒業後は専門学校に進学し、理学療法士の道へ。「リハビリのサポートをする中で、人見知りな性格が少しは改善されたかな」と笑い、コミュニケーションの大切さを実感したと話す。長女の出産を機に昨年から育休中。地元で過ごす時間が増えたことで住民との会話も増えた。休日を中区などの市街地ばかりで過ごすという話をヒントに「一家団らんの場所を六ツ川に作りたい」との思いが芽生えた。家族やレンタルスペースの利用者の協力を得て、5月に初開催したイベントは盛況だった。「皆さんの『また来たい』という声が背中を押してくれて、次の企画を考えるモチベーションになった」

 ○…多彩な発想は周囲の声から生まれる。「ご近所さんなどの話を傾聴するとアイデアが浮かぶので、全ては皆さんの力あっての企画」と謙遜する。イベント参加者はもちろん、出展者のニーズに応えることも意識。「コロナの影響で活動を発表する機会が減ったクリエーターに活躍の場を提供したい」と話す。

 ○…小学生から20歳ごろまでやっていたダンスはお手の物。理学療法士の知識を活かし、子どものバランス感覚を養うダンス教室を主宰する。「大きなまちに比べると習い事の場が少ないと感じる。体の使い方を学んでスポーツを好きになってほしい」と親心を見せ、地域を盛り上げる。

南区版の人物風土記最新6

大槻 昌子さん

金工作品を手掛ける工芸家として活躍し、日本橋三越本店で個展を開く

大槻 昌子さん

南太田在住 78歳

1月20日号

高橋 公子さん

特殊詐欺などの犯罪への注意を呼び掛ける「蒔田生活安全母の会」の会長を務める

高橋 公子さん

共進町在住 81歳

1月13日号

丸 りおなさん

女優・タレントで、移動支援アプリ「マイルート」のアンバサダーとして横浜の魅力を伝える

丸 りおなさん

横浜市在住 23歳

1月6日号

重田 英樹さん

2022年に創業150周年を迎えた和菓子店「しげた」の社長を務める

重田 英樹さん

大岡在住 66歳

1月1日号

浅田 稔さん

大岡地区連合町内会の会長を10月から務めている

浅田 稔さん

大岡在住 52歳

12月16日号

吉井 毅さん

南警察署警務課警務係長で「関東管区警察局優秀警察職員表彰」を受けた

吉井 毅さん

大岡勤務 54歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日16:15更新

  • 1月20日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月16日22:54更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写経で気分爽快

永田地区センター

写経で気分爽快

講座の参加者募集

2月9日~2月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook