南区版 掲載号:2021年11月11日号 エリアトップへ

南永田山王台地区の道路に愛称をつける取り組みのプロジェクトリーダーを務める 堀木 一男さん 永田南在住 72歳

掲載号:2021年11月11日号

  • LINE
  • hatena

「愛情」の種まきを

 ○…地域住民が27の道路に名前をつける「道の愛称プロジェクト」の舵を取る。2年前から地道に活動を進めて大詰めを迎える。「普段何気なく通り過ぎている道には、それぞれ形や歴史背景などの個性がある。まちの未来を担う子どもたちが興味関心を持って、地元愛を育む一つのきっかけになれば」と語る。

 ○…結婚を機に30歳で妻の故郷である永田山王台へ。「横浜にこんなに多くの自然があるとは思わなかった」とまちのギャップに惹かれた。しかし、朝から晩まで仕事に追われた会社員時代の思い出は、満員電車に揺られながら向かう新宿の街で「家は寝に帰るだけの場所だったね」と苦笑い。それだけに、定年後は「緑豊かで魅力的な地元での交流を大切にしよう」と心に決めた。

 ○…雑誌デザイナーとして働いた経験を活かし、「道の愛称―」の進捗状況などを地域に知らせる広報紙「プロジェクトニュース」のデザインを担当。「まさかサラリーマン時代の仕事がここで役に立つとは」と笑い、プロジェクトが完結する来年3月まで発行を支える。誰かの役に立ちたいとの思いが自分、相手、社会に対する”3つの愛”を醸成すると言い、それらの愛が「まちのにぎわい、活性化につながる」ときっぱり。

 ○…離れて暮らす2人の子どもは今でも地元の友人との絆を大切にする。「友情や郷土愛は人とふれあう中で自然と生まれるもの」と述懐する。人に会わなくてもコミュニケーションが取れる現代を便利だと語る一方、「困った時に励まし合ったり、助け合ったりできる『本当の友達』にはなれるのかな」と疑問を呈し、人間関係の希薄化を心配する。チームが団結し、大きな目標を達成する喜びを行動で子どもに伝えていく。

南区版の人物風土記最新6

大槻 昌子さん

金工作品を手掛ける工芸家として活躍し、日本橋三越本店で個展を開く

大槻 昌子さん

南太田在住 78歳

1月20日号

高橋 公子さん

特殊詐欺などの犯罪への注意を呼び掛ける「蒔田生活安全母の会」の会長を務める

高橋 公子さん

共進町在住 81歳

1月13日号

丸 りおなさん

女優・タレントで、移動支援アプリ「マイルート」のアンバサダーとして横浜の魅力を伝える

丸 りおなさん

横浜市在住 23歳

1月6日号

重田 英樹さん

2022年に創業150周年を迎えた和菓子店「しげた」の社長を務める

重田 英樹さん

大岡在住 66歳

1月1日号

浅田 稔さん

大岡地区連合町内会の会長を10月から務めている

浅田 稔さん

大岡在住 52歳

12月16日号

吉井 毅さん

南警察署警務課警務係長で「関東管区警察局優秀警察職員表彰」を受けた

吉井 毅さん

大岡勤務 54歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日16:15更新

  • 1月20日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月16日22:54更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写経で気分爽快

永田地区センター

写経で気分爽快

講座の参加者募集

2月9日~2月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook