南区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

南区店舗に救急箱 開発団体、設置進める

社会

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
救急箱を導入した店主ら
救急箱を導入した店主ら

 災害対策や交通事故防止に取り組む「非営利型一般社団法人FA普及協会FAVT」=中区=が南区内の路面店などに、負傷者に応急処置を施すことができる救急箱の設置を進めている。弘明寺や井土ケ谷地区を中心に約300個が導入され、互いを助け合う「共助」の精神がまちに広がる。

 救急箱は縦約20cm、横11cm、厚さ7cmで販売価格は7645円。設置場所には「緊急時救急箱提供」と書かれたステッカーを貼る。消毒液やガーゼなど、応急処置に対応できる物資が入って、ケースは骨折した人の添え木になる。

 FAVTは災害や交通事故の発生時に役立てようと、2006年に利便性の高い救急箱を開発した。今年から本格的に南区での普及を始め、弘明寺商店街周辺の店などに導入を推奨。負傷者救護を考えて購入する事業者が増えている。

 弘明寺商店街近くにある絵本店「子どもの本&クーベルチップ」を経営する中村裕子さんは「手当てに必要なものがそろって便利。地域に助け合いの気持ちが生まれるきっかけにもなれば」と設置を決めた。

 救急箱を車両に置く企業も。ステッカーを取り付けることで運転手の安全意識が高まり、交通事故の減少につながったとの声がある。ある郵便配達員は「より一層、安全運転を心掛けるようになった」と話す。

市民のニーズに

 京王線の車内で10月31日に発生した無差別殺傷事件など、いつどこで負傷者が出るか分からない。FAVTに対し、市民からは電車やバスなどに救急箱を導入してほしいとの声が寄せられる。

 FAVTの営業・企画担当の箭中美智子さんは「もしもの時に皆さんが互いに助け合えるよう、必要性の高い場所へ提案していきたい」と設置を呼び掛けていく。

紅白のステッカーが目印
紅白のステッカーが目印

品揃え日本一のキムチの店!福美

横浜橋通商店街「福美」は5月26日~29日 全品20%引き

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140306/14015196/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

ゲートボールで健康増進

ゲートボールで健康増進 スポーツ

南区連合の大会盛況

5月26日号

特別自治市 主張は平行線

県と3政令市

特別自治市 主張は平行線 政治

「行政サービス」で意見対立

5月26日号

シニアに「SDGs」

南寿荘

シニアに「SDGs」 教育

身近なエコ実践へ

5月26日号

社会的な役割果たす覚悟で

社会的な役割果たす覚悟で 経済

県浴場組合が総会

5月26日号

避難民支援に100万円

商議所

避難民支援に100万円 経済

市パッケージで活用

5月26日号

親子で楽しくリズム感強化

親子で楽しくリズム感強化 教育

永田で6月5日

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ

24日から、吉野町で写真展

5月24日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook