南区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

青空の下で「防災」考える 蒔田公園で意見交換会

コミュニティ社会

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
消防署職員の話を聞く参加者
消防署職員の話を聞く参加者

 青空の下で「防災」について語り合うイベント「あおぞら防災カフェ」が11月14日、蒔田公園内の環境活動拠点前広場で行われた。

 毎年12月にアートイベント「光のぷろむなぁど」を行う「大岡川アートプロジェクト実行委員会」と蒔田公園を地区内に抱える宮宿花1・2丁目町内会の主催。

 「光の-」がアートイベントの中で顔が見える関係づくりに取り組む中、災害時にこそ、その関係が必要だと考え、初めて防災をメインにした企画を考案。まずは、同公園周辺の住民が防災に対してどのような意見や疑問を持っているかを知ることから始めようと、気軽な雰囲気の中での「カフェ」とした。

 約20人が参加。南消防署の職員が区が作成した防災マップやガイドを資料に地震、風水害時の対応について説明。その後は参加者が数人のグループに別れて、自身の災害対策や横浜市内で最大震度5弱を観測した10月の地震の際の行動などについて語り合った。

 参加した女性は「(災害時に家で生活できない人の拠点となる)地域防災拠点の開設や運営法が心配だったが、消防署の方の話を聞いて、自分たちがやるべきことが分かった」と話した。

 同実行委員会は12月4日に同公園で防災イベントとキャンドルナイトを行う。「防災をきっかけにまちのことに目を向けてほしい」としている。

南区版のローカルニュース最新6

野球少年の活躍応援

横浜寿LC

野球少年の活躍応援 スポーツ

後援大会が開幕

5月12日号

アイドル活動8年半に幕

アイドル活動8年半に幕 社会

ポニカロード 歌やイベント、映画も

5月12日号

横浜武道館が満員に

大日本プロレス

横浜武道館が満員に スポーツ

激闘に1800人

5月12日号

避難民支援のカフェ開設

横浜市

避難民支援のカフェ開設 社会

みなとみらい ウクライナ人と交流を

5月12日号

「各種サイト作成します」

「各種サイト作成します」 社会

タウンニュース社 16万5千円〜

5月12日号

患者の折り紙 アートに

市大病院

患者の折り紙 アートに 社会

学生企画でモザイク画

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・三味線など響く

南区邦楽協会

箏・三味線など響く

22日、南公会堂で演奏会

5月22日~5月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook