南区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

コロナ禍 居場所運営語る 子ども支援団体が交流会

コミュニティ社会

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena
意見交換をする参加者
意見交換をする参加者

 子ども食堂の主催者や学習支援などを行う団体、活動者が情報交換を行う交流会が11月24日に区内4カ所で開かれた。

 南区では、区役所や区社会福祉協議会などが呼び掛け、各団体をつなぐ「子どもの居場所づくりネットワーク」が2017年に活動を始めた。今回のような交流会で情報交換を行うほか、居場所マップを小学校で配布するなどしている。

 今回は活動団体を地域別に4カ所に分け、清水ケ丘、大岡、浦舟、睦の各地域ケアプラザで実施。前半は各会場共通で、活動者から10代の子どもの今について、オンラインで話を聞いた。後半は会場ごとにコロナ禍以降の活動状況などを語り合った。

工夫・悩みを共有

 大岡地域ケアプラザには、10以上の団体の責任者らが参加。コロナ禍前まで部屋の中で子どもと食事をすることがメインだった団体は、レトルト食品を配布する形に変更しながらも、活動を続けていることを紹介。

 弘明寺商店街にある地域子育て支援拠点「はぐはぐの樹」には、乳幼児と保護者が訪れていたが、コロナ禍で来場者が減少。施設長の横田美和子さんは「保護者の中に同世代のほかの子の様子が分からず、不安に思っている人がいる」と実情を話した。学習支援団体からは「分散登校の影響で生活リズムが崩れ、不登校につながっている子がいる」といった状況も説明された。

 同ネットワークアドバイザーの米田佐知子さんは「今後はオンラインでも情報交換をしたい」とし、場所が近い団体が連携を図りながら、取り組みを進めたいとした。

南区版のローカルニュース最新6

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ 文化

24日から、吉野町で写真展

5月19日号

市会の所属委員会決定

市が受入・定着を後押し

外国人の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月19日号

約250のプログラム展開

約250のプログラム展開 文化

横浜音祭りの概要発表

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

幸福実現党から壹岐氏

幸福実現党から壹岐氏 政治

参院選神奈川選挙区

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ

24日から、吉野町で写真展

5月24日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook