南区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

中村地区の町内会「山谷会」の会長で地域の治安維持などに取り組む 須田 俊男さん 山谷在住 70歳

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

「助け合いの輪」広げる

 ○…舵取り役になって5年目。祭りなどの大人数を集めるイベントの開催が難しい中、町内会の仲間とともに住民が生活しやすい環境づくりに努める。通学路での見守り活動や災害発生時に備えたグループの運営など、縁の下から地域を支える。「自分は先頭に立って周囲を引っ張るタイプではない。皆さんのまちを想う気持ちが交流やにぎわいをもたらしている」と謙虚に語る。

 ○…八幡町で育ち、中村小、平楽中を卒業した。高校卒業後は民間企業への就職を経て、横浜市役所に入庁し、地域振興の業務などに携わった。そうした中で特に印象に残ったのが東日本大震災の支援活動で訪れた仙台のまち。変わり果てた街並みが防災意識の向上につながったという。「地元の方々から感謝の言葉をいただき恐縮した。『誰かのために』という思いや責任感を強く持つようになった」

 ○…50歳から町内会で活動し、青少年指導員や防災部長を歴任。2018年から会長を務めている。中村冒険パークを拠点に食事とレクリエーションを交えた防犯訓練などが町内会の大きな行事だが、コロナの影響で中止が続く。住民有志で構成し、災害発生時に第一線で高齢者らの安全確認などを行う「たすけ愛隊」の活動に力を注ぎ、今できることに全力で取り組む。「日ごろから顔の見える関係を築いていれば、困った時に助け合える」ときっぱり。

 ○…趣味は音楽。高校3年のころにアルバイト代で購入したフォークギターをきっかけに、今はエレキギターを弾く。同世代の仲間とともにバンドを結成し、高齢者が集まる施設などでボランティア演奏会を行う。「コロナ収束後はボーカルを加えたい」と話し、町内会長の活動と両立して元気の種まきをする。

南区版の人物風土記最新6

澤田 和也さん

パチンコ店「ドキわくランド井土ヶ谷店」の店長を務め、地域貢献活動に取り組む

澤田 和也さん

井土ケ谷下町勤務 42歳

5月12日号

小熊 誠さん

4月から神奈川大学の学長に就任した

小熊 誠さん

南区在住 68歳

5月5日号

吉田 美佐子さん

蒔田や旧大岡村などの歴史を教え伝える「南区郷土の歴史研究会」で活動する

吉田 美佐子さん

大岡在住 74歳

4月28日号

相馬 友子さん

神奈川区の「はるかぜ農園」を運営し、野菜の直売を自宅で行っている

相馬 友子さん

大岡在住 56歳

4月21日号

鈴木 健一さん

4月から南区長に就任した

鈴木 健一さん

59歳

4月14日号

川上 勝己さん

共進中学校の同窓会会長を務め、母校を支援する活動を取りまとめる

川上 勝己さん

東蒔田町在住 69歳

4月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・三味線など響く

南区邦楽協会

箏・三味線など響く

22日、南公会堂で演奏会

5月22日~5月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook