南区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

挑戦する事業者に聞く コロナ下でも開店した理由 <7>横浜橋「Harbor Bakery 105」

経済

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena
■Harbor Bakery 105南区浦舟町1-1-7リ・ラフォーレ横浜橋101午前10時〜午後6時 【電話】045-315-4540
■Harbor Bakery 105南区浦舟町1-1-7リ・ラフォーレ横浜橋101午前10時〜午後6時 【電話】045-315-4540

客船の料理人、新たな航海へ

 県内に再び「まん延防止等重点措置」が出されるなど、新型コロナの影響は依然として続いている。この状況の中で店舗をオープンしたり、起業する人もいる。このコロナ下でなぜオープンを決めたのか。経営者らの思いを聞いていく。

 横浜橋通商店街の近くに昨年11月24日に開店した食パン専門店「ハーバーベーカリー105」はプレーン、チーズ、クルミバターの3種類の長さ約35cmの「棒食パン」や、阿波和三盆糖を使用した高級食パンなどを提供する。添加物をなるべく使わないという体にやさしいパン作りがコンセプト。最近販売を始めたラスクの売れ行きも順調だ。

 店主の内田孝治さん(50)は豪華客船「にっぽん丸」などのクルーズ船のレストランで約30年間、パンやデザート作りを任された。順調にキャリアを積む中でコロナが襲い、仕事が激減するとともに収入も減った。「今までの人生はやらないで後悔することが多かった。コロナ下で50歳という年齢に差し掛かり、技術やアイデアを自分の店で発信したいという意欲が高まった」と独立を決意。育ててもらった会社に感謝の気持ちを伝え、昨年4月に退職した。

 港南区出身の「ハマっ子」。昔ながらで活気のある同商店街に魅力を感じ、すぐ近くで開業した。コロナの影響で持ち帰りの需要が高まったこともあってか、開店当日からにぎわいを見せている。「このご時世、何が起こるか分からない」との不安もあり、5人のスタッフとともにSNSを活用した宣伝に力を入れて地域定着を目指す努力を惜しまない。

 メニューの中心はあくまで食パンだが、ラスクを提供するなどの柔軟さも大切にする。客が飽きないような「変化」を意識し、現在はバレンタインデーに向けた企画を検討している。

 店内ににっぽん丸の絵を飾り、持ち帰り用の紙袋に客船の絵をあしらう。店名の「105」はにっぽん丸で世界一周する際の日数だといい、古巣への感謝を忘れない。「お世話になった方々からの応援が力になる。にっぽん丸で出してきたパンに形や味わいは似ているが、自分なりのこだわりも詰まっている。そうした異なる部分に気付いてもらえれば」と話し、人生の新たな船出に向かって精進していく。

南区版のローカルニュース最新6

コロナ予防 身近に

コロナ予防 身近に 社会

医師、理学療法士が講演

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

ラグビー日仏戦をライブ

ラグビー日仏戦をライブ スポーツ

7月2日 中区でPV

6月23日号

市役所でカード申請支援

マイナンバー

市役所でカード申請支援 社会

無料で顔写真撮影も

6月23日号

「かながわPay」第2弾

「かながわPay」第2弾 経済

7月から 最大20%ポイント還元

6月23日号

はかま姿で魅力を発信

はかま姿で魅力を発信 社会

PR役を募集

6月23日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランチと落語を

ランチと落語を

7月2日、馬車道のホテル

7月2日~7月2日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook