南区版 掲載号:2022年2月3日号 エリアトップへ

2021年市自殺者数 20年と同数 高止まり続く コロナ禍が影響か

社会

掲載号:2022年2月3日号

  • LINE
  • hatena

健康問題など理由 

 厚生労働省の統計によると、2021年(1月-11月)の横浜市内の自殺者数は444人だった。20年同期と同数で、依然として高い水準であることが分かった。

 また、市が設置する「こころの電話相談」への今年度の相談件数も増加している。市担当者は「新型コロナの影響とは断言できないが、自殺者数の高止まりを注視する必要がある」と話す。

 全国の昨年一年間の自殺者数は2万830人(速報値)。前年比251人減だが、コロナ禍以前の19年比では661人増となっている。

 市内の状況も同様で、19年(1月―11月)の362人に対し、高止まりの状況だ。21年度、自殺理由として最も多いのは「健康問題」。緊急事態宣言などが発令されていた昨年春から夏に掛けては「経済・生活問題」などの理由も目立つ。

 年代別では「50歳代」89人が最多で「30歳代」74人が続く。男女比では「男性」64・2%で前年比2・9ポイント増加。働き盛りの男性が多い傾向だ。

 市こころの健康相談センター長で精神科医の白川教人氏は「人との交流が減るなど、長期化するコロナ禍の影響も懸念される。悩みは一人で抱え込まず、相談することが大切」と話す。

電話相談も増

 市は悩みを抱える人を孤立させない取り組みとして「こころの電話相談」(【電話】045・662・3522)を設置している。21年度(4月―12月)の相談件数は5589件(月平均621件)で、前年度の月平均に対し34件増加した。

 相談内容は「オンライン授業で友達ができない」「職場や家族、友達との感染症対策の認識が違いがストレス」など、コロナの影響も見受けられる。

 また、市は19年から、インターネットで自殺に関するキーワードを検索した際、市が委託する相談窓口などを表示する取り組みを実施。20年に月平均32件だった相談件数は、21年は月平均43件に増えている。市担当者は「相談件数が増えることは、取り組みの一つの成果でもある」と話す。

 こころの電話相談は、平日午後5時〜9時30分、土日祝日は午前8時45分〜午後9時30分。

「命の門番」機能

 南区役所は2008年から職員が専門の研修を受けるなど、他区に先駆けて自殺予防事業を積極的に展開している。区職員が自殺を未然に防ぐ命の門番「ゲートキーパー」と呼ばれる役割を果たせるようにと、専門家を招いて研修を行うなど、内部での意識向上に取り組んでいる。

 こうした取り組みから福祉関係の業務を担当する職員以外も自殺予防の意識を持つようになり、保険や年金に関する窓口で自殺をほのめかすような発言に職員が気付き、思い止まらせた例もあったという。

南区版のローカルニュース最新6

コロナ予防 身近に

コロナ予防 身近に 社会

医師、理学療法士が講演

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

ラグビー日仏戦をライブ

ラグビー日仏戦をライブ スポーツ

7月2日 中区でPV

6月23日号

市役所でカード申請支援

マイナンバー

市役所でカード申請支援 社会

無料で顔写真撮影も

6月23日号

「かながわPay」第2弾

「かながわPay」第2弾 経済

7月から 最大20%ポイント還元

6月23日号

はかま姿で魅力を発信

はかま姿で魅力を発信 社会

PR役を募集

6月23日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランチと落語を

ランチと落語を

7月2日、馬車道のホテル

7月2日~7月2日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook