保土ケ谷区版 掲載号:2011年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

平成23年度区予算案 「こども」関連などに重点 自主事業費 1億4218万円を計上

政治

 横浜市がこの程発表した平成23年度予算案の中で、各区が独自の取組みを推進するための「自主企画事業」の概要が明らかになった。

 保土ケ谷区は予算編成に際し「東海道の宿場として歴史があること」や「ふたつの川が流れ、坂が多い」といった地域の特性と、区役所窓口や各地域で把握した区民ニーズを勘案し5つの重点項目を設定。自主企画事業費(個性ある区づくり推進費)として1億4218万円を計上している。

 この中で岡部豊区長が区政運営方針にも掲げている「こども」「まち」「窓口」をキーワードにした取組みについては重要事業に位置づけ『いつまでも住み続けたいまち 保土ケ谷』の実現を目指す。具体的には虐待防止に向けた地域でのネットワーク構築や、親を含めた家族での健康診査を推進する「支えあいの実践から始まる安心なまちくづり事業」に2192万8千円。花が絶えないきれいな公園づくり等を推進する「魅力と活気にあふれるまちづくり事業」に3349万2千円。職員の親切力向上といった「信頼され、親しまれる身近な区役所づくり事業」に5143万7千円が割り振られている(その他の各事業概要は上表参照)。

 この予算案は現在、市会で審議が行われている。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

補助対象地域を拡大

感震ブレーカー

補助対象地域を拡大

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

「診療可能」は旗が目印

災害時医療

「診療可能」は旗が目印

3月8日号

区の歌合唱団が10周年

悲願のJ1昇格へ船出

サッカーJ2横浜FC

悲願のJ1昇格へ船出

2月22日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク