保土ケ谷区版 掲載号:2011年3月3日号
  • googleplus
  • LINE

「ヘルシー健康料理教室」の講師を務める 飯田矩子さん 区内・天王町在住 71歳

「食」へのこだわり、多くの人に

 ○…母親から教わった料理を振る舞う普通の主婦がある日、息子が重い病で「余命10年」と宣告される。「その時、親として、自分に何ができるのかを追求した結果、出てきた答えが『食物』だったんですよ」と、自身の料理スタイルを考案したキッカケを振り返る。

 ○…様々な食材の研究などの末、辿り着いたのが『生命力を強める伝統食』。具体的には穀物や野菜、海藻といったヘルシーな食材を中心に、その旨味を余すことなく摂取できるメニュー作りに力を注ぐ。「野菜の皮や根っこまで、捨てることはありませんよ。端っこの部分にこそ、エネルギーが詰まっているんです」と笑顔で話す。また肉や魚を使わず豆類の成分「グルテン」の加工食品を代用としてハンバーグを作ったり、野草を用いた料理が登場したりする調理法は、周囲から「薬膳」と評される事も。

 ○…「家族がいつも笑顔で元気に暮らせるように」と取り組むようになった健康メニューづくりは、岩井町の自身の店(カラオケ喫茶)で始めた小さな料理教室を皮切りに、その規模を拡充。今では定期的に区内の公共施設で実施するまでに。実費の参加料しか徴収しないため「”持ち出し”がないようにするので精一杯です」と苦笑い。採算を度外視してまで教室を開く意味について問うと「健康食に対する関心を多くの人に持ってもらいたいから」とキッパリ。それは医者の宣告をものともせず、20年以上が経過した現在でも健康に暮らす息子を支えてくれた『食』に対する感謝の気持ちの表れに違いない。

 ○…食に対するこだわりと同様に、何気なく指導をしていたお店の常連客をプロに育ててしまうほど「歌唱法」についても高い見識を持つ。「呼吸法や発声法も健康づくりに役立つんですよ」とニッコリ。そんなスキルを兼ね備える一方で、人に与える印象は昔ながらの”おっかさん”。世話好きな性分が、今日も多くの人の心を惹きつけている。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

3月15日号

尾崎 栄治さん

ハングリータイガー保土ケ谷本店に草創期から50年近く勤務する

尾崎 栄治さん

3月8日号

小久江 清治さん

「保土ケ谷古文書の会」の会長を務める

小久江 清治さん

3月1日号

早坂 信一さん

映画「みんなの学校」上映の準備を進めた障害者地域活動ホーム「ほどがや希望の家」所長

早坂 信一さん

2月22日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク