保土ケ谷区版 掲載号:2011年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

子育て支援団体『チャット』の代表 赤坂 厚子さん 区内・上星川在住 48歳

子育てママの頼れる味方

 ○…神奈川区の子育てサークルにいた頃、スタッフ仲間に「子育て情報誌を作りたい」と声をかけられ、『チャット』の立ち上げに関わる。結成から今年で12年。情報誌発行だけでなく、イベントの企画やサークルづくりなど、着実に活動の幅を広げている。

 ○…長年子育て支援に関わり、時代に応じて母親たちの悩みも変化すると実感。活動を始めた頃は、育児支援の場はまだ少なく、ひとりで悩みを抱えこんでしまう人が多かったとか。そこで「ママたちがちょっと息抜きできる場を作りたい」と考え、託児付きで趣味を楽しめるサークルを始めた。今は仕事を持つ母親が増え、育児に専念できる時間が限られる。職場復帰までの短期間であらゆる準備をしなければならない。「忙しい中で、ママが地域から孤立してしまわないよう支援したい」と熱心に語る。

 ○…先の震災後は、不安を抱える母親たちの声を多く耳にし、災害時の避難場所など、できる限りの情報を提供できるよう奔走。区の『災害ボランティアネットワーク』にも登録した。災害時に団体としてできることを模索しつつ、地震の影響で休止していたサークルを再開した時、参加者に「ここに来ることで日常が戻る」と喜ばれた。改めて気軽に集まれる場所の大切さに気付かされたという。「全ての悩みを解決できなくても、子育てをしている人が、同じ不安を共有できるだけで救われるんです」。

 ○…自身も3人の子の母親。大学生になったり、就職したりと、手は離れ始めたが、子育て支援は生涯現役。「育児という共通点だけで、色々な人に出会えることが楽しくて」と活動の魅力を語り、頬を緩ませる。悩んでいる人には「人間は生まれた時に0から1になるの。あとはもう生きているだけでプラス。マイナスになることはないよ」と話すという。その言葉に、頼れる”保土ケ谷のママのママ”らしい強さと優しさが垣間見えた。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

3月15日号

尾崎 栄治さん

ハングリータイガー保土ケ谷本店に草創期から50年近く勤務する

尾崎 栄治さん

3月8日号

小久江 清治さん

「保土ケ谷古文書の会」の会長を務める

小久江 清治さん

3月1日号

早坂 信一さん

映画「みんなの学校」上映の準備を進めた障害者地域活動ホーム「ほどがや希望の家」所長

早坂 信一さん

2月22日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク