保土ケ谷区版 掲載号:2011年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

”手で語る言葉”学ぶ 上新地区で手話教室

教育

親子で手話の合唱
親子で手話の合唱

 上菅田小学校で6月4日、「初級・手話ボランティア教室」が行われた。地域の人々に手話に触れてもらうことを目的に、上新地区社会福祉協議会(堤孝一事務局長)が開催したもの。

 当日は、区内で活動する手話サークル『ほしの会』(鈴木厚子代表)のスタッフらが、手話の歴史などを講義。その後、実際の手話表現を指導した。

 参加者らは、「こんにちは」「ありがとう」などの基本的なあいさつや、自分の名前の表し方を教わり、懸命に手を動かして覚えていた。最後には、「四季の歌」の歌詞を手話で学び、全員で合唱。”手の歌声”が体育館に響いた。

 教室の終了後には、覚えたばかりの手話を復習しながら帰る人の姿も。親子で参加した人からは「子どもが興味を持っていたので参加したが、大人も一緒に楽しめた」との声が聞かれた。

 講師を担当した『ほしの会』のスタッフらは、「普段は小学生などに教えているが、今回は大人も楽しく学んでもらえたようで嬉しい」と手ごたえを感じていた様子。同地区では今後も同様の取り組みを続けていきたいという。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク