保土ケ谷区版 掲載号:2011年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

消防署が防災研修会 危険物取扱者に呼びかけ

社会

防災について学ぶ参加者ら
防災について学ぶ参加者ら

 保土ケ谷消防署(伊藤好夫署長)は6月9日、区内でガソリン等を扱う危険物施設事業者を対象に防災研修会を、かるがも多目的ホール(川辺町)で実施した。

 当日は地下タンクの流出防止や危険物施設の震災対策についての研修が行われ、ガソリン給油中に地震が起きた際の対応等を学んだ。

 伊藤署長は、施設の適切な維持管理と、安全に対する意識の大切さについて、参加者に呼びかけた。

 東日本大震災では、千葉県市原市の製油所でブタンガスの漏洩による火災が発生したほか、横浜市内でも5箇所の危険物施設が被害を受けた。今後は地震発生時の被害をできるだけ少なくする「減災」への取り組みが必要とされる。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク