保土ケ谷区版 掲載号:2011年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

横浜市の「設置費補助事業枠」も残りわずか 太陽光発電システム、普及促進へ 和田町『昭和建設(株)』がPR体制を強化

 先の震災以降、節電意識の向上や環境への配慮などから、地元でも日増しに関心が高まっている「太陽光発電」。横浜市では、この太陽光発電システムを設置する個人に最大11万2千円の費用を補助する事業をこの4月からスタート。およそ2千件(先着)が対象となるこの募集枠も今月25日現在、残り500件を切るなど応募が急増している。

 連日、強い陽射しに見舞われているこの夏。真剣に太陽光発電システムを検討している人に導入のメリット、デメリットを正しく伝え、不安や悩みを解消しようと区内・和田町の『昭和建設株式会社』(工藤圭亮代表取締役)では、地元やその周辺エリアに向けたサービス体制を構築。各家庭で自然エネルギーを効率良く活用可能な同システムの普及促進に力を入れている。

「導入説明会」を近日、開催

 横浜市が認定する地域貢献企業として保土ケ谷区内で40年以上の施工実績を誇る同社では「太陽光のシステムを設置すれば、電気代は本当に安くなるの?」「雨の日は使えないの?」といった素朴な疑問を解消すべく、太陽光発電システムのトップシェアを誇る国内のメーカーと連携を強化。近日開催する説明会では製品ごとの導入コスト(費用)など多くの人が知りたい情報を無料で提供するほか、市の補助制度の仕組みや利用方法などについてもレクチャーする予定となっている(※実施日時など詳細は次号のタウンニュースに掲載)。

 工藤代表は「お盆休みなど、家族が揃う機会に導入を検討してもらえれば」と話している。太陽光発電システムに関する詳細問合わせ等は左記までお気軽に。
 

昭和建設

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6件

この春、親御さんとの「近居」検討しませんか?

「新しい住み方」提案します

この春、親御さんとの「近居」検討しませんか?

3月15日号

「安心」永代供養墓4つの特長

西横浜駅から徒歩10分 円満寺(久保山墓地そば)

「安心」永代供養墓4つの特長

3月15日号

「所有の不動産買います」

ウスイホーム上大岡店

「所有の不動産買います」

3月15日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

若者の「ひきこもり」相談窓口知って

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク