保土ケ谷区版 掲載号:2011年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

くぬぎ台団地 地域で防災学ぶ 自治会が体験イベント

社会

はしご車の「高さ体験」も好評
はしご車の「高さ体験」も好評

 くぬぎ台団地自治会(鈴木方規会長)は11月3日、くぬぎ広場で「防災防犯フェア」を開催した。このイベントは、幅広い世代が楽しみながら防災や防犯について学べるよう企画されたもの。

 当日は保土ケ谷消防署の協力で、『はしご車の搭乗体験』や『子ども用消防服の着用体験』などを実施。はしご車に乗った子ども達は「高くて少し怖かったけど楽しかった」と話し、笑顔を見せていた。

 このほか、訓練用の人形を用いた救命措置の指導やペットボトルでの消化活動、シーツを使った包帯作りなど、様々な体験ブースを設置。中でも、お湯を入れるだけで食べられるご飯や、ダンボールトイレなどの防災グッズを展示したコーナーが、参加者の注目を集めていた。

 また、会場には保土ケ谷警察署の署員らも訪れ、ひったくりの実演を披露。地域レベルでの防犯をPRした。

 同自治会では、これまでにも大地震発生を想定した防災訓練を行うなど、地域での防災活動に力を入れている。鈴木会長は「安全な暮らしに、防災・防犯活動は欠かせない。こういったイベントを実施することで、住民同士の繋がりもでき、災害に強い地域づくりができると思う」と話していた。

 この日のイベントには約250名(主催者発表)が来場した。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク