保土ケ谷区版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

横浜FC 水道局とコラボ企画 奥寺氏が局長と対談

スポーツ

握手を交わす奥寺会長(左)と土井局長(右)
握手を交わす奥寺会長(左)と土井局長(右)

 保土ケ谷区に拠点を構えるプロサッカーチーム「横浜FC」は11月11日、横浜市水道局とのコラボレーション企画を実施。横浜FCの会長で、サッカー元日本代表の奥寺康彦氏と、市水道局の土井一成局長が対談を行った。

 同チームは昨年から「西谷浄水場」(川島町)に併設された体育施設を市水道局から10年間の契約で借り受け、練習拠点として使用している。このため、これまでにも市水道局主催のイベントで同チームがサッカー教室を開催するなど、相互に協力を行ってきた。

テーマは「サッカーと水」

 「サッカーと水」をテーマに行われたこの日の対談では、土井局長が水道事業の歴史や国際協力などについて説明。

 奥寺会長からは、横浜FCの歴史や、保土ケ谷区内での活動を紹介した他、海外遠征中に感じた海外と日本の水道事情の違いや、試合中の水分補給など、現役サッカー選手時代の経験にまつわるエピソードが披露された。

 土井局長は「サッカーと水という別の分野ではあるが、利用者やサポーターへのサービス、地域への貢献など、課題としている点には共通した部分もある」と話していた。両者ともに、市民向けサービスの充実や地域への活動PRなどに力を入れていきたいとしており、今後も地域に根ざした活動を続け、タッグを組んでいくことを約束した。

 また、当日は市水道局が10月に開催した「横浜のおいしい水」検定合格者を対象とした抽選会も実施。横浜FCの三浦知良選手らのサイン入りグッズや、水道局施設見学の招待券などがプレゼントとして用意された。

 対談の様子などは今後、市水道局のホームページで紹介される予定だという。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

補助対象地域を拡大

感震ブレーカー

補助対象地域を拡大

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

「診療可能」は旗が目印

災害時医療

「診療可能」は旗が目印

3月8日号

区の歌合唱団が10周年

悲願のJ1昇格へ船出

サッカーJ2横浜FC

悲願のJ1昇格へ船出

2月22日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク