保土ケ谷区版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

「悪質商法の被害防止を」 相談増受け区が巡回講座

社会

参加者は真剣に耳を傾けていた
参加者は真剣に耳を傾けていた

 保土ケ谷区は、区内で多発している悪質商法の被害を防止しようと、対策に力を入れている。

 担当者によると、昨年度(平成22年度)寄せられた悪質商法に関する相談件数は1195件(区内)で、前年比36件増。最も多いのは、携帯ゲームやアダルトサイトの不当請求を行う「デジタルコンテンツ関連」で、全体の18パーセントを占める。次いで多いトラブルは、マンション経営の勧誘など不動産に関するもの。また、リフォームなどの工事・建築関係も増えているという。

 こういった事態を受け、区では、対策講座と出張相談会を実施。より多くの区民に参加してもらおうと、区内7カ所を巡回する形を初めて試みている。

 対策講座の1回目として、11月11日に今井地域ケアプラザで開催された講座では「横浜市消費生活総合センター」(港南区)スタッフの菊澤智子さんが講師となり、実際にあった手口などを解説。

 古物扱いの認可を持たない業者が自宅を訪問し、貴金属などを実際の価値より安く買い取ろうとする”買い取り商法”などを詳しく解説し、注意を呼びかけた。

 参加者の中には、実際に被害を受けた人、そのような商法と見られる電話や訪問を受けたことがある人もおり、発生件数の多さをうかがわせた。

 講座は12月2日(金)まで、区内各地で行われる。担当者は「事前に手口を知っておくことで、被害防止に役立ててほしい」と話し、参加を呼びかけている。

 講座に関する詳細問合せは【電話】045・334・6380/保土ケ谷区役所・地域活動係まで。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク