保土ケ谷区版 掲載号:2011年11月24日号
  • googleplus
  • LINE

市民グループ「ほどがや産直便」の代表を務める 渡邉 廣子さん 区内・鎌谷町在住

食を通した地域交流を

 ○…地産地消の推進に取り組む市民グループ「ほどがや産直便」を4年前に発足。代表として運営を支え、地元農家の野菜を直売する「ほどがや朝市」など様々な取り組みを行っている。

 ○…活動のきっかけは、地産地消に関する市民講座に出席したこと。区内に多くの農家や直売所があることを、ここで初めて知り「地域の人にもっと広めたい」と感じたという。一緒に講座を受けていたメンバーに呼びかけ、グループを発足。農産物直売所を案内するマップの作成を始めた。区内の農家を1軒1軒訪ねて協力を依頼する日々。区の助成も受け、今年1月、ようやく発行に漕ぎつけた。マップは朝市などで無料配布し「直売所めぐりに役立てて」と呼びかけている。

 ○…同グループの発足前から地域で環境保護活動に取り組んでおり、リサイクルショップの立ち上げ、環境教室の開催など精力的に活動。現在も数々のグループで代表を務めている。「自分が興味を持ったことについて学ぶと、せっかくだからみんなに教えたい、広めたいって思っちゃうのよね」と笑みをこぼす。専業主婦として家事に追われる一方で、ほぼ毎日グループの活動で出かけているという活発さだ。原動力について問うと「人が好き、人に会いたいというのが全てですね」と即答。活動を通して多くの人に出会えるのが嬉しいという。

 ○…直売所案内のほか、同グループが力を入れて取り組んでいるのが、地産地消を通した地域交流の実現。「旬のお野菜の販売や地産食品の情報を提供する拠点を設けて、そこを地域の人が世代を越えて交流できる場にしたい」と話す。グループが区から受けている助成は今年で期限が終了するが「自分たちの力でやっていけるようにならないとね。そういう意味では来年が正念場」と積極的な姿勢を見せる。食を通した地域活性化を目指し、多忙な日々の中で、再び新たな一歩を踏み出す。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

3月15日号

尾崎 栄治さん

ハングリータイガー保土ケ谷本店に草創期から50年近く勤務する

尾崎 栄治さん

3月8日号

小久江 清治さん

「保土ケ谷古文書の会」の会長を務める

小久江 清治さん

3月1日号

早坂 信一さん

映画「みんなの学校」上映の準備を進めた障害者地域活動ホーム「ほどがや希望の家」所長

早坂 信一さん

2月22日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク