保土ケ谷区版 掲載号:2011年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

横浜いのちの電話 あなたも相談員になりませんか 今日から「新年度ボランティア」募集開始

約200名のスタッフが対応している
約200名のスタッフが対応している

 年中無休で24時間、文字通り「眠らぬダイヤル」として、多くの人の悩みや不安の解消などをサポートしている「いのちの電話」が相談員を募集する。昨年度は2万2028件もの電話相談が寄せられた。人生の途上で一人ひとり市民が抱え、苦しんでいる問題等を詳しく聴き、時には進言や提言などアドバイス役となるなどサポート対応しているのが”電話相談ボランティア”と呼ばれるスタッフ達。現在約200名余のスタッフが24時間交代制で対応にあたっており、日夜を問わず、個々に相談者の支えとなっているという。

まずは気軽に問い合わせを

 厳しい社会情勢の中で、その利用価値が高まりを見せる中、活動を継続していくために欠かせないのが、相談員の確保なのだとか。

 事務局長の永野肇さんは「横浜いのちの電話の趣旨に賛同し、積極的に参加して頂けるボランティアは必須。是非応募して頂ければ」と話す。今日12月1日から始まった新年度募集人数の定員は40名。相談員になるためには1年間の養成コースへの参加などが必要となっている。(募集要項は左記参照)。詳細問合せは【電話】045・333・6163/横浜いのちの電話(事務局)まで。
 

横浜いのちの電話

http://

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6件

この春、親御さんとの「近居」検討しませんか?

「新しい住み方」提案します

この春、親御さんとの「近居」検討しませんか?

3月15日号

「安心」永代供養墓4つの特長

西横浜駅から徒歩10分 円満寺(久保山墓地そば)

「安心」永代供養墓4つの特長

3月15日号

「所有の不動産買います」

ウスイホーム上大岡店

「所有の不動産買います」

3月15日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

若者の「ひきこもり」相談窓口知って

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク