保土ケ谷区版 掲載号:2011年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

心もお腹もぽっかぽか 今井町で「福祉のつどい」

社会

ためになる話に耳を傾けた
ためになる話に耳を傾けた

 ほどがや防犯センター(今井町)で12月10日、近隣のお年寄りを招いた「福祉のつどい」(薩澤志万子・実行委員長)が開催された。

 冬の訪れを感じさせる気候の中、笑いや歌で寒さを吹き飛ばしてもらおうと行われているこの企画は今年で3回目。会場には約2百名の参加者が詰めかけ、全員で「赤とんぼ」「ふるさと」といった童謡を合唱。また区内にある砂川医院の院長が登壇し、ホームドクターについての講話を実施した(写真上)ほか、手遊びコーナーや初音ヶ丘小学校の児童による踊りの披露なども行われ、場内は沢山の笑顔に包まれていた。

 また、こうした一般的な「福祉のつどい」のプログラムに加え、この日は野外に特設の模擬店が出現。参加者に「おでん」「豚汁」「お汁粉」などを振舞った(写真右)。温かい食べ物でお腹も満たすことができたお年寄り達は、満足そうな表情を浮かべていた。
 

イベントを盛り上げた「模擬店」
イベントを盛り上げた「模擬店」

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク