保土ケ谷区版 掲載号:2011年12月22日号
  • googleplus
  • LINE

関東防犯協会連絡協議会から「個人功労賞」を受賞した 田所 幸雄さん 区内・和田在住 68歳

地域と歩む”親分”の矜持

 ○…生まれも育ちも保土ケ谷区。地元で店舗の外装や看板広告などを請け負う仕事を続けている関係上、どうしても野外での作業が多くなり「手入れが楽だから」と選んだ髪形がデザインパーマ。今では自然と呼ばれるようになった『組長』の愛称で親しまれている。

 ○…その名に相応しく、義理に厚く頼まれると嫌とは言えない性格はまさに親分肌そのものといった印象。自身、若い頃から目上の人に可愛がられてきた実感があるだけに、人間関係を中心に、地域を愛する気持ちは人一倍といった様子。これまでにも自治会や連合町内会の要職を歴任し、様々なボランティア活動などにチャレンジするなど、精力的な姿勢をみせている。

 ○…すべての行動の原動力となっているのが、30代の頃に耳にした「どこで人様の迷惑を掛けているか分からないのだから、ひとつぐらい人様の役に立つことをしたらどうだ!」という父親のひと言。この言葉に感銘を受けてからは、近所の消防団に加入したのを皮切りに、防犯指導員としてのキャリアも今年26年を数えるなど四半世紀以上にわたって地域のために汗を流してきた。「パトロール中に”ご苦労様、いつもありがとう”と声を掛けられるとやりがいを感じますね」とニッコリ。現在は週3回、いわゆる青パトを用いて地域を巡回して地域の安全を見守るほか、編集委員長として年に数回、防犯に関する広報誌を作成。町内会の掲示板や回覧を利用した広報活動などにも力を注ぐ。

 ○…長年にわたる功績が認められた今回の受賞についても「驚きましたね」と感想を述べる程度で、拍子抜けする程あっさりとした表情をみせる。そこには個人表彰よりも、皆が集まって一緒に楽しく活動ができた時に至福の喜びを感じるという『組長』ならではの美学と「若い世代を巻き込みたい」と願いながらも、高齢化や後継者不足に悩む活動の現状とのジレンマが、垣間見れたような気がした。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

3月15日号

尾崎 栄治さん

ハングリータイガー保土ケ谷本店に草創期から50年近く勤務する

尾崎 栄治さん

3月8日号

小久江 清治さん

「保土ケ谷古文書の会」の会長を務める

小久江 清治さん

3月1日号

早坂 信一さん

映画「みんなの学校」上映の準備を進めた障害者地域活動ホーム「ほどがや希望の家」所長

早坂 信一さん

2月22日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク