保土ケ谷区版 掲載号:2011年12月22日号
  • googleplus
  • LINE

夜空に浮かぶ”絆” 天王町スカイハイツ

社会

絆とパンダの絵が暗闇に輝く
絆とパンダの絵が暗闇に輝く

 区内にある「天王町スカイハイツ」のビル壁面に現在、電飾でかたどった「絆」の文字が灯されている。

 このイルミネーションは、毎年「天王町スカイハイツ自治会」(大竹伸幸会長)が実施しているもの。デザインは住民からの公募で決めており、これまでにもアザラシの「たまちゃん」(平成14年)や横浜開港150周年のキャラクター「たねまる」(平成20年)など、その年を代表するものが登場してきた。

 同自治会によると、今年は震災を受け、多くの住民が「絆の字を掲げたい」と要望。また、今年2月に来日した上野動物園のパンダを挙げる声も多かったことから、2つのモチーフを組み合わせたという。

 色や形のデザインは元住民の技術者が担当。装飾の準備は、自治会役員らが休日を利用し、約1カ月かけて進めてきた。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク