保土ケ谷区版 掲載号:2012年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

災害対策に地域の声を 区民会議が委員会設置

社会

「3・11」以降、区民の防災に対する意識が高まっている
「3・11」以降、区民の防災に対する意識が高まっている

 区民有志で構成され、行政とのパイプ役を務める「保土ケ谷区民会議」(畑尻明代表)が、このほど「防災・減災検討委員会」を立ち上げた。

 区民会議は、公募などで選ばれた委員が区の課題等について話し合い、行政に提言を行っている組織。

 通常は教育・環境など4つの分科会に分かれて活動しているが、東日本大震災を受け、防災に関する議論が必要との声が多くあがっていた。そこで今回、各分科会から代表者を集め、災害対策を専門に取り組む同委員会が発足された。12名の委員で構成され、今後月2回のペースで会議を実施する。

自助対策を検討

 2月6日には1回目の会議が行われ、今後の活動方針などを協議。災害対策の3本柱である自助・共助・公助のうち、自助に重点をおいて検討を進めることなどを決め、「各家庭でもしっかりとした対策を」との意味合いから「わが家を防災拠点に」をキャッチフレーズに設定した。

 委員長を務める内田孝和さんは「隣近所や避難所での助け合いをスムーズに行うためにも、まずは個人や各家庭がきちんと備えをしておくことが大切」と話し、区民の防災意識向上を目指して活動を進めていく方針を示した。

8月に提言書

 検討は2月から8月にかけて行われ、8月上旬に結果をまとめたものを行政に提出する予定。内田代表は「区民が正しい対策をとれるよう、行政には、防災に関するセミナーの開催などにも力を入れてほしいと考えている。提言にもそういった内容を盛り込めれば」と、今後の活動に意欲を見せていた。

 区の担当者は「同じ区内でも地域によって津波対策、土砂災害対策など住民が不安を感じる要素は異なってくると思う。こういった会議を通じて、できるだけ多くの意見を頂ければ」と話していた。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク