保土ケ谷区版 掲載号:2012年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

災害時の心得 学ぶ 桜丘高校で研修会

同校の社会貢献DAYの一環として「いざっ!というとき動ける桜高生」をコンセプトに実施された
同校の社会貢献DAYの一環として「いざっ!というとき動ける桜高生」をコンセプトに実施された

 先の震災を踏まえ、より実践的な防災知識を身に付けてもらおうと、市立桜丘高校で今月12日、「がやっこレスキュー隊」の研修会が行われた。

 保土ケ谷区では2007年4月に地元の中学生を対象とした「がやっこレスキュー隊」を発足。「AEDの使用法」「心肺蘇生法」「応急担架の作り方・運び方」といった防災に関する知識や技術を身に付けるレクチャーを行い、2009年度までに約千名の子どもが研修を修了している。

 さらに最近は同隊の対象を高校生にまで拡大。昨年研修が行われた県立保土ケ谷高校では、その4日後に東日本大震災が発生。生徒が避難する際の初期動作などで学んだ知識が活かされるなど、実践に即した内容となっている。

280名が受講

 この日の研修会に参加したのは、桜丘高校2年生の全生徒280名。区危機管理担当係長・河原公一さんなどが講師を務め、大地震に遭遇した時の心得や応急処置などについて皆、真剣な表情で学習(写真)。2時間の研修を受け終えた参加者は最後に修了証を受け取り、嬉しそうな表情をみせていた。

 河原さんは「元々”地域密着”の中学生と異なり、高校生は保土ケ谷区外から通学の生徒も多いが、それでも昼間学校にいる時や通学途中に災害に遭う可能性はある。いざという時、この研修で学んだ知識や技術を活かしてもらえれば」と意義を説明していた。

 「がやっこレスキュー隊についての詳細は【電話】045・334・6203まで
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク