保土ケ谷区版 掲載号:2012年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

震災テーマに議論 横浜国大がフォーラム

教育

災害対策を語るパネリストら
災害対策を語るパネリストら

 横浜国立大学は3月9日、保土ケ谷公会堂で震災をテーマにしたフォーラム「東北の復興と神奈川・横浜の減災を考える」を開催した。

 この催しは、大学、地方自治体、報道機関、スポーツ界、産業界などが連携を強化し、災害対策などで地域に貢献していくことを目的に行われたもの。

 第1部では、毎日新聞社論説委員の伊藤正志氏が「復興の今とこれからできること」と題して講演。

 第2部のパネルディスカッションでは、各界を代表する6名のパネリストが、意見交換を行った。それぞれの立場から震災や復興支援、災害対策に関わってきたパネリストらは熱心に議論を展開し、来場者も興味深げに耳を傾けていた。

 また、質疑応答の時間には、来場者からの「東北では避難所に指定されていた小学校に津波が押し寄せて多くの犠牲者が出たが、区内にも避難所として指定すべきでない場所があるのでは」との問いに対し、パネリストとして参加した保土ケ谷区の総務課長・岩本健治氏が「地震、津波など災害の種類により避難すべき場所が異なってくる。震災の教訓を活かし、区としても災害の種類によって細かく避難所を指定する作業を進めている」と答えるなど、地域に密着したフォーラムならではのやりとりも見られ、多くの人の関心を集めていた。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク