保土ケ谷区版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

もっと知って「花や樹木」 横浜植物会の本が話題に

文化

堀川美哉(よしや)さん
堀川美哉(よしや)さん

 区内・帷子町在住の堀川美哉さんが事務局長を務める横浜植物会が2003年に出版した「横浜の植物」が、最近になり本紙読者の間で話題となっている。

 堀川さんは自宅マンションの一室を同会の事務局としており、自ら植物の専門家として地元やその周辺の植物を観察。生態などを研究する一方、タウンニュース紙上では2007年7月から連載コーナー「保土ケ谷区の植物」をスタート。区内で見つけた季節の植物を撮影して分かりやすい解説文と共に紹介するシリーズは現在までに、ほぼ毎号にわたって140回以上の掲載として続いている。

問合せが増加

 コーナー開始当初こそ、編集上の都合で掲載スタイルが安定しなかったものの、本紙の発行が毎週化した昨年7月以降は長寿コーナーとして、その内容に読者からの問合せが増加。「バックナンバーが読みたい」「堀川さんの話が聞いてみたい」といった声も編集室に寄せられていた。

「興味に役立てて」

 横浜植物会のホームページへもアクセスが増える中、その中で紹介されている本「横浜の植物」は、同会の創立90周年を記念した一冊として堀川さんが制作に深く関与。過去の連載とも内容がリンクしている部分が多く、連載が回を重ねるごとに購入に関する問合せも増えているという。堀川さんは「地元の植物に興味がある人に、役立ててもらえれば」と話している。

 この本に関する詳細問い合わせなどは横浜植物会・堀川事務局長【電話】045・333・4964まで。
 

観察ガイドなども網羅
観察ガイドなども網羅

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク