保土ケ谷区版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

福祉保健活動拠点 多くの利用を呼びかけ 区民団体らにPR

社会

備品や設備の問合せも下記【電話】まで
備品や設備の問合せも下記【電話】まで

 保土ケ谷区では、区役所そばにある「福祉保健活動拠点」(川辺町)の利用者を募っている。

 「かるがも」の愛称で親しまれているこの施設。建物内には「団体交流室」(定員12名・3部屋)や「対面朗読室・編集室」(定員6名)、「録音室」(定員1名・2部屋)、「点字製作室」(定員6名)のほか、最大72名まで利用可能な「多目的研修室」を完備。行政や営利のみを目的とした利用や、打楽器の使用などは制限されるものの、会議や研修、打ち合わせなどは可能。区民は基本的に、これらすべてを無料で利用する事ができる。

各区に1ヵ所

 市民の自主的な福祉活動などをサポートするため、各区に1ヵ所ずつ設けられているこうした施設。関係者は「ボランティア団体やボランティアを受ける側の団体はもちろん、各種NPO団体などの方にも気軽に利用してもらえれば」と呼び掛けている。

 利用時間は午前9時から午後9時まで(日・祝日は午後5時)。年末年始などを除きほぼ毎日利用できる(要登録・事前予約)。

 詳細問い合わせは保土ケ谷区社会福祉協議会【電話】045・341・9876まで。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク