保土ケ谷区版 掲載号:2012年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

市民意識調査 防災拠点「知らない」半数 認知度にバラつきも

社会

区役所前では防災マップを掲出
区役所前では防災マップを掲出

 災害時の「避難場所の認知度」について、保土ケ谷区民の間でバラつきがある事がこの程発表された市民意識調査で明らかになった。中には「地域防災拠点」の存在を知らない人も多く、区でも対策に力を入れ始めている。

 この調査は市民の生活意識を明らかにし、政策立案や市政運営に役立てようと市が毎年行っているもの。昨年7月から8月に行われ、20歳以上の2163人から回答を得た。このうち保土ケ谷区民は134人。

 市政への要望などの通常の項目に加え、東日本大震災を受け、災害や防災対策についても質問された。

 この中で、広域避難場所を「知っている」と回答した区民は81・4%と、市内18区の中で最も高かった。 だが一方、家屋の倒壊等により自宅に戻れない場合の避難場所となる地域防災拠点については「知っている」とした回答者が45・5%と5割にも満たず、「知らない」が無回答と合わせると54・4%だった。

「優先して周知徹底を」

 保土ケ谷区内の地域防災拠点は、地元の小・中学校26ヵ所が指定されており、このうち8ヵ所が地域医療救護拠点を兼ねるなど重要な役割を担っている。これに対し、区内では保土ケ谷公園や横浜国立大学、横浜カントリークラブ一帯といった総面積の広い施設が指定を受けている広域避難場所の定義については「周辺火災の延焼拡大で危険になったとき」とされている。 これについて地元町内会の関係者などからは「関東大震災クラスの被害を想定して設けられている広域避難場所よりも、まずは地域防災拠点の周知徹底を優先するべきなのでは」といった意見も挙がっていた。

区役所前に防災マップ

 昨年発生した東日本大震災以降、区民の防災意識が高まっているにもかかわららず、重要な避難場所の認知度が低いままの現状に、災害対策を管轄する区総務課ではHPや役所前の広報スペースに「防災マップ」を掲出。地域防災拠点の存在をビジュアル面でPRするなど、対策を講じている。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

地域交流施設を完成

帷子町八ッ橋さん

地域交流施設を完成

2月1日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク