保土ケ谷区版 掲載号:2012年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

健康相談「スポセン」で 月1回、無料で実施へ

施設利用の有無に関わらず、誰でも相談可能(先着順)
施設利用の有無に関わらず、誰でも相談可能(先着順)

 神戸町の「保土ケ谷スポーツセンター」(黒岩司所長)が、8月から「スポーツ医事相談」をスタートする。「(公財)横浜市体育協会」と、(社)横浜市医師会の専門部会「横浜スポーツ医会」との連携事業として実施されるこの企画。関係者は「市民の健康づくりをサポートする一助になれば」と話し、今後は「整形外科」と「内科」の専門医を毎月1回交互に招き、個別の相談に対応する。

専門医がアドバイス

 保土ケ谷を含む、横浜市内4ヵ所の「スポセン」で先行実施される事になったこの医事相談は、スポーツ活動と身体についての不安や悩みを包括的に解消するのが主な狙い。毎月第2土曜日に行われ、保土ケ谷スポーツセンターの初回開催は8月11日(土)。この企画を共催している横浜スポーツ医会の会員で整形外科医の三木英之氏を招き、1人20分程度、個々の相談内容に応じて医学的見地からのアドバイスを無料で受けることができる。

 相談場所についても同センター1階のトレーニング室(ジム)に隣接したスペースに新設する。そのため、実際に施設を利用している人が、例えば運動中に肩や腰、膝などに痛みや不安を感じている場合、どのようなプログラムを実践しているかを普段の動きを交えながら医師に伝えることが可能。これにより、具体的な指示を仰ぐこともできる。

 また9月8日(土)の「内科」医事相談では「生活習慣病(糖尿や高脂血症など)やメタボ対策でスポーツをしたいが、身体に不安がある」といった人を対象に個々に適した運動のアドバイスや効果的なトレーニングのペースなどの指導が受けられる予定。いずれも診察・診断や医療行為は行わないが「スポーツ医科学センター」(港北区)との連携を図り、相談者の状態や希望にあわせて疾病の治療や予防にあたるなど、包括的なサポート態勢を整えていく方針を打ち出している。

初回は既に定員に

 事業開始を前に、相談を希望する人からの問合せが急増。8月の開催分は既に定員に達しており、現在はキャンセル待ちの状態だという。保土ケ谷スポーツセンターの黒岩所長は「当施設の利用目的が『運動』のみならず、より健康な身体づくりの拠点として、広く親しんでもらえるような場所にしていけるよう、こうした相談事業を継続できれば」と話している。

 予約申込みや詳細問合せは受付担当【電話】045・336・4633まで。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク