保土ケ谷区版 掲載号:2012年8月16日号
  • googleplus
  • LINE

西谷にコミュニティカフェ「サロンゆうゆう」をオープンした 佐藤 紀子さん 上星川在住 60歳

還暦からの新たな挑戦

 ○…手作り品の販売や教室を通じて交流の場を提供するコミュニティカフェを開所。オープンから1カ月、試行錯誤を繰り返しながら充実した日々を送る。

 ○…運命を変えた出会いは昨年の夏。子育てからも解放され、無気力な状態が続いている頃だった。「毎日同じことの繰り返しで、生きがいを感じられず憂鬱でした」と振り返る。そんな折、偶然和田町のコミュニティカフェ「わっか」に立ち寄った。多くの人が集う同所の魅力にとりつかれ、頻繁に足を運ぶようになる。「家にこもっていると1日中誰とも話さないこともあったから、色々な人と会えることがすごく楽しかった」と話すとおり、通い始めてからは友人にも驚かれるほど元気を取り戻したという。今年3月からはスタッフとして運営にも関わるように。慣れないレジやパソコンの扱いには苦戦したが「必要とされている喜びが大きかった」と語る。

 ○…以前に取得したマッサージ師の資格を活かし、漠然と抱いていた「いつかは自分の店を」との想い。元気を取り戻してくれた場所との出会いが、夢を現実に変えた。「かつての自分と同じ気持ちでいる人の役に立ちたい」。単なるサロンではなく、コミュニティカフェとしての開所を決意。1人暮らしを考えていた息子に「1軒家買って」とせがみ、2階を息子の住まい、1階を店舗にした。「息子には『大根買うような感覚で家をねだるな』って怒られました」と楽しそうに話す。「器用で頼りすぎちゃう」という夫がポスター作成や店内改装も全て引き受けてくれたという。

 ○…開所前から支えてくれている親友とともに運営を続け、最近では徐々に訪れてくれる人も増えてきた。手作りパンや地産野菜のも好評だ。「食べ物から交流の場まで。西谷にあったら良いなと思われているものを何でも提供できる地域のコンビニにしたい―」。60歳からスタートした夢をこれからも追い続ける。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

大庭 公善さん

働き方改革を進め、横浜市から認定を受けたグランコーヨー(株)代表取締役

大庭 公善さん

1月25日号

三村 秀樹さん

日本人として初めてアイルランド大統領功労賞を受賞した

三村 秀樹さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

塩川 藤吉さん

神奈川県美化運動推進功労者表彰を受賞した

塩川 藤吉さん

1月4日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク