保土ケ谷区版 掲載号:2012年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

法泉に女性防犯団体 高齢者見守りなど実施

社会

委嘱状を受けとる薩澤会長(左)
委嘱状を受けとる薩澤会長(左)

 保土ケ谷区法泉でこのほど、女性防犯ボランティア団体「マイティ・ガーディアンズ」が結成された。保土ケ谷警察署(福井隆署長)の委嘱を受け、高齢者宅の訪問見守りや児童登下校時のパトロールなど、地域の防犯活動に取り組む。

 メンバーは法泉在住の女性を中心に構成され、現在は約15人。名称の「マイティ・ガーディアンズ」は、ニューヨークで発足し、日本でも全国各地で活動する防犯ボランティア団体「ガーディアン・エンジェルス」の名に由来しているという。拠点は今井町にある「ほどがや防犯センター」に置く。

 8月19日には同署で発足式が行われ、同団体の会長に就任した薩澤志萬子さんに、福井署長から委嘱状が手渡された。

 式の後には、この日集まった11人のメンバーが署員と情報交換会を実施。薩澤会長は「活動を通じて地域を犯罪から守っていきたい。法泉は区の中心部からもやや離れているので、パトロールでの立ち寄りなど警察署にも協力してもらえれば」と話した。

 これに対し、福井署長からは「地域にこうした団体ができるのは心強い。署でもサポートをしていくので無理せず『できる人ができることをできる時に』を心掛け、継続的に取り組んでいってください」との言葉が贈られた。

 9月には講話を実施し、メンバーが防犯の基礎知識などを署員から学ぶ予定。

区内2団体目

 女性会員のみで構成される防犯団体は区内で2つ目。通常の団体は、日中仕事をしているメンバーが多いことなどから、活動時間が休日や夜間に偏りがち。主婦層を中心に構成される女性防犯団体は、平日や日中に活動できる点が特長だという。また、同署署員は「ひとり暮らしの高齢者の見守りなどでは、女性ならではの細やかな気配りを活かしてもらえれば」と話していた。
 

【PR】タウンニュース政治の村

神奈川県内および東京都町田市の全政治家(首長、市町村議会議員、県議会議員、都議会議員、衆議院議員、参議院議員)約1,000人のデータが検索できます。

http://seijinomura.townnews.co.jp/

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク