保土ケ谷区版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

国大生が区の仕事体験 ケアプラザで交流も

教育

 横浜国立大学(和田町)の学生が区役所の仕事を体験するインターンシップが8月上旬から中旬にかけて行われた。

 これは、大学と行政や民間企業が協力して事業に取り組む「産学連携」の一環として実施されたもの。5日間のプログラムが3回にわたって行われ、あわせて約20人が参加した。

 期間中、学生らは防災、まちづくり、税務、保育、高齢者・障害者支援など様々な業務を体験。

 8月23日には「星川地域ケアプラザ」で開かれた夏祭りに参加し、高齢者と交流=写真。始めは慣れない様子だったが、それぞれ利用者に笑顔で話しかけるなど、懸命に取り組んでいた。参加した学生は「普段は体験できないことも多くあり、良い経験になった」と話していた。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク