保土ケ谷区版 掲載号:2012年11月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

コラム「地元のお医者さんの話」特別版【1】 歯の健康から地域の元気を 和田町歯科医院 清水 直 院長

 11月8日(=いい歯の日)、保土ケ谷区歯科医師会では、区役所で高齢者の歯科健診を実施する。これにあわせ、本紙では地元「和田町歯科医院」の清水直院長に、歯の健康維持や地域医療における歯科の重要性について話を聞いた。

高齢者と歯の健康

Q.11月8日のイベントは65歳以上の方を対象としたものですが、やはり高齢者には歯の問題で悩んでいる方が多いのでしょうか?

清水 はい。歯が弱くなって食べ物が噛めないという直接的な問題はもちろん、唾液の分泌量が減少することによる口の乾燥や、味覚の低下なども少なくない症状のひとつです。うまく噛めないことで、食べることに辛さや疎ましさを感じてしまい、食事量が減るということもあります。食事量が減ると、栄養価や咀嚼機能の低下を招き、さらに口腔の高齢化が進むという悪循環に陥りがちですね。

Q.歯の高齢化を予防するには、どのような方法が効果的でしょうか?

清水 まずは、気になったことをいつでも相談できる「かかりつけ医」を持つことが大切になってくると思います。現在特定の歯科医師にかかっていないという方も、今回のイベントのような機会を利用して、ご自身の歯の健康について見直してみると良いかもしれません。また最近では、通院が難しい方のために、介護施設や自宅に歯科医師が出張する「訪問治療」なども盛んになっています。

歯からアンチエイジング

Q.高齢者以外でも、最近増えている症状などはありますか?

清水 最近の若い方に多いのは、ほおずえをつく癖やストレスで歯を食いしばることなどから起こる顎関節症、硬い歯ブラシの使用やゴシゴシと横磨きする間違った歯磨きの仕方が原因となる知覚過敏などでしょうか。また、歯医者というと、なんとなく嫌なイメージが先行してしまい、虫歯が我慢できなくなるくらい進行してから診療にいらっしゃるという例も多いです。痛みを感じる前に、日頃から歯科での検診を受け、早い段階で虫歯や歯周病を発見できるのが理想的ですね。

Q.アンチエイジングにも歯の健康が大切だとか。

清水 そうですね。「芸能人は歯が命」というCMがありましたが、美しい歯は笑顔をいっそう魅力的にするのでしょう。また、歯が健康であれば、食物繊維など美容に良い食品も多く摂取できますね。よく噛むことで肥満を防止したり、脳を活性化させたりという効果も期待できます。「歯の健康を維持する」というだけで、一石二鳥、三鳥のメリットが生まれるのです。

Q.最後に家庭でできる歯の健康法を教えて下さい。

清水 まずは歯磨きの習慣をしっかりつけること、また、バランスのとれた食事を規則正しくとることも大切です。糖分の多いお菓子などをだらだら食べ続けることは、歯垢を作りやすくしてしまうので避けた方が良いでしょう。
 

和田町歯科医院

保土ケ谷区和田1-12-14

TEL:045-333-3300

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6件

自由な生活が満喫できる

天王町駅徒歩2分 サービス付き高齢者住宅

自由な生活が満喫できる

2月15日号

「所有の不動産買います」

ウスイホーム上大岡店

「所有の不動産買います」

2月15日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

春告げる梅まつり

「サンデー見学会」を初開催

グランドマスト横浜鴨居

「サンデー見学会」を初開催

2月8日号

iPadとPCスキルをアップ

もっと便利に日々に取り入れよう!

iPadとPCスキルをアップ

2月8日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク