保土ケ谷区版 掲載号:2012年11月8日号
  • googleplus
  • LINE

横浜FC 「11.11」決戦へ J1昇格へ正念場

スポーツ

2007年以来のJ1復帰を目指し西谷での練習にも気合が入る
2007年以来のJ1復帰を目指し西谷での練習にも気合が入る
 保土ケ谷区西谷町を拠点に活動するサッカーチーム「横浜FC」が11月4日、東京ヴェルディ戦に勝利し、J1昇格を争うプレーオフ進出を確定させた。最終節となる11月11日(日)の結果によっては自動昇格の可能性も残しており、最後の正念場を迎える。

 引き分け以上でプレーオフ進出が確定という状況下で迎えた4日のヴェルディ戦。後半33分、田原豊選手が先制点を決めた。試合はそのまま1対0で終了。まずはプレーオフ進出を確定させた。

 11月18日(日)と23日(金・祝)に行われる「昇格プレーオフ」とは、来季J1に昇格できる3チームのうち、自動昇格の上位2チームをのぞく3位以下4チームがトーナメント方式で戦うもの。4チーム中、上位2チームは、18日のプレーオフ初戦をホームで戦うことができ、この試合の勝利チーム同士が、J1昇格を賭けて対決(23日・国立)する。「最後の決戦に駒を進めるためにも、18日は地元の皆さんの声援を背にホーム(三ツ沢)で戦いたい」と関係者も意気込む。

 さらに、最終節の結果によっては自動昇格である2位入りへの可能性もわずかに残る。開幕7試合勝ち星なしなど、シーズン開始当初は下位に低迷していた同チーム。3月に山口素弘監督が就任したことで流れを変え、怒涛の巻き返しをはかってきた。この勢いでJ1昇格を決められるか期待が高まる。

「地元に恩返ししたい」

 区民デーの開催、地元イベントへの参加など、地域との連携も深めてきた同チーム。鈴木和宏保土ケ谷区長も「J1昇格へ向けて全力で戦ってください」と応援の声を寄せている。

 同チームの広報スタッフ・荒川祐輔さんは「お世話になっている地元に恩返しするためにもJ1入りを果たしたい」と話していた。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

地域交流施設を完成

帷子町八ッ橋さん

地域交流施設を完成

2月1日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク