保土ケ谷区版 掲載号:2012年11月15日号
  • googleplus
  • LINE

横浜ビジネスパーク ”仮想サンタ”と記念撮影 電飾に最新技術導入

文化

8m大のツリーが美しく光る
8m大のツリーが美しく光る

 横浜ビジネスパーク(神戸町)の敷地内で11月12日から、クリスマスに合わせたイルミネーション点灯が開始された。

 区内では数少ないイルミネーションスポットということもあり、近隣住民からも人気の同所。今年は毎年恒例の8m大のクリスマスツリーなどに加え、最新技術を使用した仕掛けも用意されている。

 今回導入された「ARマーカー」と呼ばれる技術は、地面や壁に設置されたコードをスマートフォンなどの専用機器で読み取ることで、実際にはそこに存在しない映像が画面上に映し出されるもの。ビジネスパークでは、ツリーの前などにこのARマーカーが設置されており、専用アプリ「Pop Up カメラ」(無料)をダウンロードした上で撮影すると、サンタクロースや雪が写り込んだ合成写真を撮ることができる(右下イメージ参照)。

 ARマーカーはレストラン・ショップビル内などを含む敷地内の計6ヵ所に設置。来場者がイルミネーションを巡りながら撮影スポットを探せる仕組みとなっている。

 ビジネスパークを所有する野村不動産株式会社の古屋浩一さんは「今年は新しい仕掛けも用意し、地域の皆さんにも今まで以上に喜んで頂けるものになったはず」と自信を見せる。

 また”仮想サンタ”との記念撮影には、対応のスマートフォンとアプリが必要となることから「事前にダウンロードをしてからお越し頂けると撮影がスムーズ。(対応機器を持っていない人は)スマートフォンをお持ちのご家族やご友人と一緒にご来場頂ければ、さらに満足して頂けるのでは」と話している。

 ツリーと周辺のARマーカーの設置は12日から始まっているが、一部イルミネーションは11月21日(水)から点灯開始。期間は12月25日まで(一部は来年2月14日まで)となる。
 

スマートフォンで撮影すると、サンタの画像が現れる
スマートフォンで撮影すると、サンタの画像が現れる

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

地域交流施設を完成

帷子町八ッ橋さん

地域交流施設を完成

2月1日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク