保土ケ谷区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

保土ヶ谷シニアが優勝 ミサワホーム東京杯

スポーツ

4年ぶりの優勝に湧く選手達
4年ぶりの優勝に湧く選手達

 区内で活動する中学生硬式野球チーム「保土ヶ谷シニア」(中島慎司監督)がこのほど、「第26回ミサワホーム東京杯争奪親善野球大会」で優勝を飾った。

 大会には神奈川県や東京都から、31チーム(シニアの部)が参加。同チームはトーナメントを順調に勝ち上がり、11月11日に綾瀬本蓼川球場で行われた決勝戦では「逗子シニア」を7対3で破って勝利した。

 現在は、区内外の中学校から1年生13人、2年生22人が在籍。今シーズンの初めには、怪我人が続出するなど危機的状況もあったが、これを機にレギュラー入りしていなかったメンバーが奮闘。これまで以上の活躍を見せ、チームとしての実力を強化してきた。

 チームは1996年創設で、同大会での優勝は初、公式戦での優勝は4年ぶりとなった。チームの練習場となっている峰沢町のグラウンドは、元々キャベツ畑だった土地を、地元住民や関係者が協力してつくりあげるなど、創設以来地域と共に歩んできた。優勝を決めた直後、選手らによって胴上げされたという中島監督は「日本一小さいんじゃないかというグラウンドで練習していて、選手たちはよく頑張ったと思う。胴上げされた時には嬉しくて涙が出た」と話していた。

 また大会では個人賞として、最優秀選手賞に同チームの久保田翔真君=人物風土記で紹介=、優秀選手賞に矢口廉君、小塚貴裕君が選出された。

 チームは全国大会に繋がる予選を来春に控えており、現在は初の全国出場を目標に練習に励んでいる。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク