保土ケ谷区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

硬式野球「ミサワホーム杯」で最優秀選手賞を受賞した 久保田 翔真さん 保土ヶ谷シニア在籍 14歳

オヤジの背中を追いかけて

 ○…中学生の硬式野球チーム「保土ヶ谷シニア」でエースピッチャーとして活躍。31チームが集った「ミサワホーム杯」で優勝の原動力となり、大会の最優秀選手賞を獲得した。「予想していなかったのでびっくりしました」とはにかむ。大会中の成績は打率7割、ホームラン3本とバッターとしても貢献。それでも「試合が2連続になって投げられなかった時、完投して次に繋げてくれた仲間のおかげ」と謙虚に話す。決勝戦、最終回のマウンド上では「緊張で心臓がバクバクしてました」と振り返り「みんなで力をあわせて優勝できて、すごく感動した」と、その瞬間を思い出したようにとびきりの笑顔が輝いた。

 ○…緑区在住。小学1年生から野球を始め「桐光学園で投げる」という夢に近付くため、硬式でプレーできるチームに加入。峰沢町まで足を運び練習に励んでいる。グラウンドにはいつも監督の厳しい声が響くが「すごく怖い。でも尊敬してます」と打ち明ける。チームとしては4年ぶりに勝ち取った優勝。喜びと感謝の気持ちを込めて、選手みんなで監督を胴上げした。

 ○…目標にしている選手を聞くと、返ってきたのはプロ選手の名前ではなく「オヤジです」の一言。野球を始めたのも父の影響で、課題になっているコントロールを今も教えてもらっている。高校球児時代、6割バッターとして活躍していた父。少し照れくさそうな表情を見せながら「オヤジを越えたい」と言葉に力を込めた。

 ○…「一生やっていたい」と話すとおり、野球への情熱はひとしお。甲子園出場やプロ入りなど、夢は大きく膨らむが、今もっとも強く抱いている目標はチーム初の全国大会出場だ。「明るくて、負けていても絶対あきらめないメンバーです」と自信をのぞかせたチームメイトへの信頼と強い絆。全国大会のマウンドに立つ日を思い描きながら、仲間とともに大きな夢を追いかけ続ける―。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

大庭 公善さん

働き方改革を進め、横浜市から認定を受けたグランコーヨー(株)代表取締役

大庭 公善さん

1月25日号

三村 秀樹さん

日本人として初めてアイルランド大統領功労賞を受賞した

三村 秀樹さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

塩川 藤吉さん

神奈川県美化運動推進功労者表彰を受賞した

塩川 藤吉さん

1月4日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク