保土ケ谷区版 掲載号:2013年3月28日号
  • googleplus
  • LINE

子育て支援拠点 「こっころ」が移転へ 2施設統一し利便性図る

社会

親子連れなどで賑わう「ひろば」(写真は現在の「こっころII」)
親子連れなどで賑わう「ひろば」(写真は現在の「こっころII」)
 保土ケ谷区地域子育て支援拠点「こっころ」が4月13日(土)から、区役所そばに建設中のマンション「パークタワー横濱星川」(川辺町2の5)1階に移転し、リニューアルオープンする。

 NPO法人「ピアわらべ」(秋元秘路子代表)が運営する同所は、2007年に開所。「お腹の中の赤ちゃんから未就学児まで」の子どもと家族、子育てを応援する人を対象に、子ども達の遊び場や、子育て世代の交流・相談、人材育成の場などを提供している。1日平均の利用者数は約70人。

 これまで同所は、施設の規模の都合上、星川駅北口側の複合施設「かるがも」3階にある「こっころI」と、南口側の星川SFビル4階にある「こっころII」の2カ所で運営してきた。使用目的によって利用者が移動する必要があるなど、不便な点も多かったため、拠点統一は関係者にとっても念願だったという。

 新たな拠点は面積300平方メートルで、相談室や研修室を設置。これまでビルの共用施設を利用していたトイレも、専用のものが設けられるなど、利便性の向上が期待されている。

 施設長の吉村良子さんはリニューアルにあたり「子育て中の人ばかりでなく、これから子育てをするかもしれない人、子育て世代を応援したいという人も大歓迎。育児の悩みを1人で抱えることなく、地域の人々を頼りにしてもらえれば」と呼びかけている。

 また、移転に伴い「こっころI」は3月30日(土)から、「こっころII」は4月6日(土)から閉館する。利用方法や開館時間など、詳細問い合わせは【電話】045・340・0013へ。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月29日号

街の魅力インスタで発信

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月22日号

公共施設の「多目的化」推進へ

補助対象地域を拡大

感震ブレーカー

補助対象地域を拡大

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

3/29家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク