保土ケ谷区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

「自助・近助意識を高めよう」 地域代表集い防災研修会

社会

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
真剣に議論する参加者
真剣に議論する参加者

 保土ケ谷区災害ボランティアネットワーク(鈴木方規代表)は3月23日、星川地域ケアプラザで研修会を行った。

 この日は、同ネットワークの鈴木代表が「くぬぎ台小学校地域防災拠点の取組〜地域に根付いた防災・減災」をテーマに講演。その内容を踏まえ、防災アドバイザーの佐藤榮一さんをコーディネーターとしたグループディスカッションを行った。地域で防災・減災活動に取り組んでいる区民ら、約50人が参加した。

 講演で鈴木代表は、日常の安心・安全を目標とする防犯と、非日常(災害時)の安心安全を目標とする防災の関連性を解説。「日常的な防犯の危機意識を、非日常の防災につなげていく必要がある」と語った。

 グループディスカッションでは、それぞれが自身の地域で行っている防災活動を紹介。救急キットの普及や避難時の認知症患者の対応、防災訓練への現役世代の低参加率などの課題について意見交換を行った。

 コーディネーターを務めた佐藤さんは、区内の救急車が4台(約5万人に1台)しかないことなどを例に「行政はみなさんを助けるほどのエネルギーを持っていない。自分たちで身を守るためには『自助』や『近助』の意識が大切」と訴えた。

 鈴木和宏区長は「正解は1つではない。それぞれの地域に合わせた対策をしていくためにも、話し合いは絶対に必要」と研修会の意義を語っていた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

「音読」で脳活性

「音読」で脳活性 社会

公会堂で27日

10月14日号

エンディングノート学ぶ

落語で楽しみながら

エンディングノート学ぶ 社会

先着40人、10月27日

10月14日号

懐かしの市電の姿も

市営交通の歩み映像で回顧

懐かしの市電の姿も 社会

岩間市民プラザで11月

10月14日号

横浜マイスターに選定

月見台在住吉田昌義さん

横浜マイスターに選定 社会

椅子張りの高い技術 評価

10月14日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

10月14日号

横浜FC、ユース所属のDF・杉田隼選手が来季からトップチーム昇格

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook