保土ケ谷区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

「福祉車両ありがとう」 本紙記事がきっかけ 「光風会」、助成金受け購入

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena
子どもが大喜びの新しい車両
子どもが大喜びの新しい車両

 障害児者の支援事業を行っている狩場町の社会福祉法人光風会に、4月2日、新しい福祉車両が届いた。これは、神奈川福祉事業協会が、社会福祉法人が運営する施設や団体におこなっている福祉車両購入費助成の募集を本紙で知り応募。助成が決まった同会に神奈川共同募金会を通して購入費が贈られた。運営する障害児入所施設すみれ園の通学送迎に利用される。

 これまで1999年に購入したハイエースを使用していたが、通学のほか、キャンプやサーフィンスクールなど遠出、通院など、車検期間以外ほぼ毎日稼働していた。年数も経過したことから買い替えを検討していたが、昨今の報酬改正などがあり資金面で困難な状況だったという。

 すみれ園には現在、小学生7人、中学生3人、高校生14人、18歳以上6人の30人が生活。施設から各々の学校へ通学している。職員の鈴木寿夫さんは、「助成は大変ありがたい。子どもたちはとても喜んでいる」と様子を話し、「新しい車両になって、快適な様子が伝わってくる。大切に長期にわたって使っていきたい」と感謝した。

 光風会の前身は、昭和28年7月に横浜市神奈川区三ツ沢上町に設立された財団法人紫雲会の児童入所施設光風園。戦後の混乱期に知的障害のある戦争孤児を病院で保護したのが始まりという。平成7年に神奈川区から保土ケ谷区へ移転。知的障害者支援施設や、グループホーム、多機能型事業所、相談センターも運営している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

ハロウィン気分を満喫

ズーラシア

ハロウィン気分を満喫 社会

28日・29日は特別ガイド

10月21日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月21日号

クイズラリーを開催中

横浜FC×区内商店街

クイズラリーを開催中 社会

抽選でプレゼントも

10月21日号

スマホで横浜港散策

【Web限定記事】

スマホで横浜港散策 社会

市、音声で歴史解説

10月21日号

行政書士による無料相談会

始めよう買い物時の「てまえどり」

「誰かじゃなく、私から」

始めよう買い物時の「てまえどり」 社会

10月は「食品ロス削減月間」

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook