保土ケ谷区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

「地域で本を循環させよう」  横国生 和田町に「古本図書館」

社会

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena
本の交換を行う地元住民と学生
本の交換を行う地元住民と学生

 和田町の地域活性化に取り組む横浜国立大学(鈴木邦雄学長)の学生団体「ワダヨコ(小山結子代表・4年)」が4月12日、地域交流拠点wit(旧町内会館)で「古本図書館」をオープンした。今後、土曜日の午後1時から6時まで限定で毎週開く予定。

 これは、地域住民や学生の寄付によって集まった本(約300冊)から、気に入った本を自分の持っている本と交換できるというもの。「本の交換」が繰り返されることで、本が街を循環していくような新しいスタイルの図書館を目指す。

老若男女が参加できる企画を

 「古本図書館」を運営しているのは、「ワダヨコ」の中の施工班というグループ。春休み中に、新年度の活動を話し合う中で、テーマに挙げられたのが「誰もが気軽にアクセスできる」もの。その視点でこれまでの活動を精査していた頃、3月29日に和田町商店街のイベント「べっぴんマーケット」が行われた。そこで古本市を開いたところ、予想以上の反響を得た。「いらない本が家にたくさんある人が多いとわかった」と渡邊海都さん(4年)は話す。本は子どもから高齢者まで、誰もが気軽に手にすることができる、との理由から新年度の活動は「古本図書館」に決まった。

 家庭に眠っている本をいかに活用するかを考え、「欲しい本と自分の本を交換」するというアイディアが生まれた。この日訪れた地元の男性は「古本をお金に換えるのではなく、本と本のやり取りというのが良い」と喜んでいた。

本を媒介し人が集まれる「場」に

 横浜市では4月1日、「横浜市民の読書活動の推進に関する条例」が施行されている。それを踏まえ渡邊さんは、今後、同図書館が地域に浸透してきた際には「べっぴんマーケットや高架下のスペースを活用する新たな企画や、読書cafeのような形で地域の方々が気軽に本を楽しめる『場』になっていければ」と話す。そのためにも「まずは一度足を運んでもらいたい」と呼びかけている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

ハロウィン気分を満喫

ズーラシア

ハロウィン気分を満喫 社会

28日・29日は特別ガイド

10月21日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月21日号

クイズラリーを開催中

横浜FC×区内商店街

クイズラリーを開催中 社会

抽選でプレゼントも

10月21日号

スマホで横浜港散策

【Web限定記事】

スマホで横浜港散策 社会

市、音声で歴史解説

10月21日号

行政書士による無料相談会

始めよう買い物時の「てまえどり」

「誰かじゃなく、私から」

始めよう買い物時の「てまえどり」 社会

10月は「食品ロス削減月間」

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook