保土ケ谷区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

(PR)

司法書士・税理士のセミナー/個別の相談 参加無料 相続で損をしない秘訣とは 自分と家族を守る遺言と節税

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena

 来年1月の相続税増税に伴い、「我が家も相続税が掛かるのか」など、相続遺言への関心が高まっている。有効な対策を専門家に聞いた。

 「実際は税制改正されても相続税が掛かる人は全体の1割程度。無理な節税対策も目立つのでご注意を」と話すのは、年間3千件以上の相続遺言相談を受ける司法書士法人市川事務所の市川英昭代表。妻に夫の財産を、同居の家族に家を相続させるという原則を守れば大抵のケースで相続税の心配はない。

 ただし、遺言は「絶対に必要」と市川さん。「『家族の仲が良いから』と安心している家庭ほど裁判までもつれるケースが多い。調停の7割は財産額5000万円以下、土地や建物のように簡単に分けられない財産があると途端に相続は難しくなる」という。遺言がなかったために家を売却した、介護したのに報われないといった”争続”は誰しも避けたいものだ。

無料セミナーを開催

 市川事務所では正確な情報と対策を知ってもらいたいと無料セミナーを実施。個別相談もあり参加者からは「我が家なりの対策を考えてもらえ、安心して一歩を踏み出せる」という声が。先着順。予約はお早めに。

司法書士法人 市川事務所

(横浜事務所) 横浜市西区高島2丁目12−6 崎陽軒ビル ヨコハマジャスト1号館7階

TEL:0120-08-0625
FAX:045-450-5947

http://www.ichi-jimu.com/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

時代に合った葬儀を提案

家族葬・終活「新光メモリアル」

時代に合った葬儀を提案

最後のお別れに「故人らしさ」を

10月21日号

「やってみたい」を大切に

「やってみたい」を大切に

園児の主体性がその後の宝に

10月14日号

住宅の相談は地元の職人へ

神奈川土建

住宅の相談は地元の職人へ

「住宅センター」で受付

10月14日号

いざという時の備えに

オリジナル防災グッズ作りませんか

いざという時の備えに

自治会・学校などで使用

10月14日号

安心、JAのお葬式

もしもの時 もしもの為に… 事前相談無料

安心、JAのお葬式

「組合員・地域の方々へ」

10月14日号

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

一人じゃない安心感

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

10月27日・11月11日 送迎付き見学会(体験食事付)

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook