保土ケ谷区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

ほどがや元気村 「美味しいお米できるかな」 どろんこ教室が開村

社会

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena
鍬入れを行う区長(左)と子どもたち
鍬入れを行う区長(左)と子どもたち

 区内唯一の田んぼとして親しまれている「ほどがや元気村(泉俊郎村長)」で4月19日、「どろんこ教室」の開村式が行われた。

 これは、地元のボランティアスタッフが地域の子どもたちと共に1年を通じて米や野菜つくりを行うもの。田植えや稲刈り、収穫祭などを通じて区民の交流の場としていく。

 当日は晴天に恵まれ、どろんこ教室に参加する子ども38人とその保護者、ボランティアスタッフの他、菅井忠彦区長ら約100人が集まった。

 恒例の鍬入れ式では、菅井区長らが子どもと共に元気よく鍬を振り下ろしていた。その後、各自持参した牛乳パックに土を入れ、稲の種まきを行った。初参加の子どもも多く、慣れない手つきで楽しんでいた。牛乳パックは持ち帰って自宅で管理し、田植えの際に持参するという。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

「音読」で脳活性

「音読」で脳活性 社会

公会堂で27日

10月14日号

エンディングノート学ぶ

落語で楽しみながら

エンディングノート学ぶ 社会

先着40人、10月27日

10月14日号

懐かしの市電の姿も

市営交通の歩み映像で回顧

懐かしの市電の姿も 社会

岩間市民プラザで11月

10月14日号

横浜マイスターに選定

月見台在住吉田昌義さん

横浜マイスターに選定 社会

椅子張りの高い技術 評価

10月14日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

10月14日号

横浜FC、ユース所属のDF・杉田隼選手が来季からトップチーム昇格

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook