保土ケ谷区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

ほどがや元気村 「美味しいお米できるかな」 どろんこ教室が開村

社会

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena
鍬入れを行う区長(左)と子どもたち
鍬入れを行う区長(左)と子どもたち

 区内唯一の田んぼとして親しまれている「ほどがや元気村(泉俊郎村長)」で4月19日、「どろんこ教室」の開村式が行われた。

 これは、地元のボランティアスタッフが地域の子どもたちと共に1年を通じて米や野菜つくりを行うもの。田植えや稲刈り、収穫祭などを通じて区民の交流の場としていく。

 当日は晴天に恵まれ、どろんこ教室に参加する子ども38人とその保護者、ボランティアスタッフの他、菅井忠彦区長ら約100人が集まった。

 恒例の鍬入れ式では、菅井区長らが子どもと共に元気よく鍬を振り下ろしていた。その後、各自持参した牛乳パックに土を入れ、稲の種まきを行った。初参加の子どもも多く、慣れない手つきで楽しんでいた。牛乳パックは持ち帰って自宅で管理し、田植えの際に持参するという。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

地場の旬菜ズラリ

まちなか農家さんの朝市

地場の旬菜ズラリ 社会

感染症対策講じ開催

5月7日号

「友好のバラ」咲く

星川中央公園

「友好のバラ」咲く 社会

気品高いダマスクローズ

5月7日号

27人が新たに入団

保土ケ谷消防団

27人が新たに入団 社会

「1日も早く即戦力に」

5月7日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

ダンス事業に最大30万円

ダンス事業に最大30万円 文化

補助金申請は5月21日まで

5月7日号

パルマワラビーを展示

パルマワラビーを展示 社会

金沢動物園で3頭

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter