保土ケ谷区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

4月30日に開所する地域活動支援センターの所長を務める 佐瀬 界平さん 天王町在勤 36歳

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena

支援と生産活動の両立を

 ○…間もなく天王町にオープンする地域活動支援センター「スカイキング」で、所長として障害者支援と地域活性化に取り組む。運営母体の社会福祉法人に勤める身とあって「私は一サラリーマンでしかないので」と非常に控えめだ。これまでは同法人が運営する西区の就労サポートセンター「エヌ・クラップ」で手作りパンの製造を指導していた。今回、天王町に新たな地域活動センターがオープンするにあたり、同センターでの経験が評価され所長を務めることになった。

 ○…大学卒業時は、いわゆる「就職氷河期」。「かなり苦労し、どうにか内定がもらえた」と人材派遣会社に就職したが、営業の仕事が肌に合わず、小さい頃から興味があった調理の道に。イタリアンや和食など、様々なジャンルの店を渡り歩いた。親類に誘われ、福祉に携わるようになったのが6年前。「エヌ・クラップ」立ち上げにあわせ、パン製造の指導を依頼された。「1年半くらい前に話をされてパン屋で修行した」

 ○…現在は、泉区で妻と5歳の息子と3人暮らし。休日は家族で買い物や近所の公園に遊びに行くのが楽しみだ。趣味は山歩き。主に丹沢など近場の山に足を運ぶ。「去年、腰を痛めてしまったのでしばらく行ってない。そろそろまた行きたい」と笑顔を見せる。「子どもがもう少し成長したら、キャンプもしてみたい」

 ○…これまで福祉施設に関わっている中で業界全体に対して感じたのは、生産活動と支援のバランスの悪さ。店として客に商品を提供するからには「それに見合うクオリティでなければ」と料理人としての矜持をのぞかせる。「良い支援をしながら、良いモノを生産できれば。一番大切なのはバランス」。同センターには、地域活性化拠点としての役割も。「横浜でありながら地域のつながりを感じる」と好印象を抱く天王町で地域拠点となれるよう、「まずは良いサービス・メニューを提供していきたい」。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

吉田 昌義さん

椅子張りの高い技術が評価されて「横浜マイスター」に選ばれた

吉田 昌義さん

月見台在住 78歳

10月14日号

村瀬 悠さん

「あったかほどがや寄付」のロゴマークを作成した

村瀬 悠さん

横浜国立大2年生 

10月7日号

石田 剛規さん

B3リーグ所属のプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」のヘッドコーチを務める

石田 剛規さん

藤沢市在住 38歳

9月30日号

麻生 民次さん

NPO法人保土ケ谷ガイドの会の会長に就任した

麻生 民次さん

峰岡町在住 74歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

62歳

9月2日号

古田 潤二郎さん

保土ケ谷歯科医師会の会長に就いた

古田 潤二郎さん

神戸町在住 57歳

8月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook