保土ケ谷区版 掲載号:2014年8月7日号 エリアトップへ

水の事故を減らせ 保土ケ谷署 水難救助訓練を開催

社会

掲載号:2014年8月7日号

  • LINE
  • hatena
ボートの漕ぎ方を学ぶ署員
ボートの漕ぎ方を学ぶ署員

 保土ケ谷警察署は、8月1日に保土ケ谷中学校のプールで、同署署員を対象とした水難救助訓練を開催した。

ゲリラ豪雨対策も

 これは、水難事故や自然災害などでの救助の仕方を学ぶもの。地域課の署員を中心に3日間行われ、最終日は神奈川県警本部の危機管理対策課が訪れ、ゴムボートの扱い方や、漕ぎ方、ライフジャケットの着用の仕方などを指導した。説明が終わると、プールにボートを浮かべて実践。5人一組になり、声を出しオールを漕ぎながら、プール内を一周した。

 また最近増加しているゲリラ豪雨にそなえ、床上浸水時の救助のポイントも解説。「水深が50〜60cmでも溺れることがあるし、マンホールに吸い込まれるときもある。ボートに乗せるときは必ずライフジャケットを着用させること。救助を待つ人は恐怖心にさらされている。まずはその気持ちを払しょくすることが大事」など、実践に即した説明が行われた。

 この他、救助ロープを使った救助の仕方や、制服を着たまま泳ぐ着衣泳、ペットボトルを使った救助道具の作り方などを学んだ。

 横田善信署長は、「夏を迎え大きな川がある保土ケ谷も、水の事故が発生する恐れがある。いつでも救助できる体制を作りたい」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

広まるボラの輪

保土ケ谷中

広まるボラの輪 社会

釜台公園で美化活動

12月3日号

素案に意見募集

地域保健福祉計画

素案に意見募集 社会

12月15日締切

12月3日号

「科学の楽しさ教えます」

がやっこ教室

「科学の楽しさ教えます」 教育

小中学生対象にオンラインで

12月3日号

声かけに気を付けて

県警

声かけに気を付けて 社会

紙芝居動画を配信中

12月3日号

基本的対策 改めて確認

新型コロナ

基本的対策 改めて確認 社会

講習会の動画配信中

12月3日号

地産地消でマップ製作

地産地消でマップ製作 社会

ほどがや産野菜取扱店募集

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク