保土ケ谷区版 掲載号:2014年8月7日号 エリアトップへ

警察のOB組織である県警親会の保土ヶ谷支部長に就任した 玉田 勝喜さん 星川在住 70歳

掲載号:2014年8月7日号

  • LINE
  • hatena

一歩一歩、確かな歩みを

 ○…10年前に神奈川県警を定年退職後、OB組織である警親会に入会。以来、警察が主催するイベントの支援や交通安全キャンペーンなど、地域におけるボランティア活動に従事してきた。同会は有志の組織だが、「現職の時、地域の方々には非常に助けられた。定年してからは地域に貢献したいと思っていた」と話す口調は非常に穏やか。支部長としては「肩肘張らずに和気あいあいとやっていきたい」と決意を語る。

 ○…約40年にわたる現職時代は、26回も異動をした。「一番長かったところで7年くらい。短いところは半年しかいなかった」と笑う。様々な部署や地域を経験したことで、自然と広い視野を持つように。警察内で使用する参考図書を作成したこともあり、「資料として残るものを作る責任の大きさを感じた」と、当時の緊張感を思い出したといった風に微笑む。

 ○…出身は長崎、就職と同時に神奈川県に移住した。保土ケ谷で暮らすようになって30年以上経つ。趣味はウオーキング。横浜駅近くの現在の職場からも歩いて帰っている。相鉄沿線は、終点の海老名駅と湘南台駅まで踏破している。「今は1日1万歩を目安にしている。時間があるといくらでも歩いてしまう」と表情を崩す。現在は、妻と愛猫と暮らす。「朝5時には猫に起こされてしまう」。目尻が下がる。近隣に住む孫たちとは、必ず誕生日会を開催。みんなで揃って食事をするのが、楽しみの一つ。

 ○…年間を通し、警察や防犯協会などが行うイベントはたくさんある。より効果を上げるためにも、人出が必要だ。保土ケ谷支部には現在、89人の会員が登録されている。「私が入会した時には120人くらいいた」と寂しそうにつぶやく。今後の課題として会員数の増加を挙げ、「もっと会員同士の親睦を深めたい。活動を見直し、充実させることで魅力を感じてもらえれば」。一歩一歩、確実に歩みを進める。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

21歳

11月26日号

藤平 澄子さん

保土ケ谷区の「横浜子育てパートナー」として相談員を務める

藤平 澄子さん

川辺町在勤 64歳

11月19日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

62歳

11月12日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

47歳

11月5日号

高橋 舞加さん

蟻の観察をテーマにした親子向けのセルフガイド作成に携わった

高橋 舞加さん

狩場町在勤 22歳

10月29日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

23歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク